ホーム > 2020/02

バロー上越モール内の「くまざわ書店」上越店が3月15日で閉店

9か月前

新潟県上越市とよばのバロー上越モール内に出店している書店チェーン「くまざわ書店」(本社・東京)の上越店が、2020年3月15日で閉店することになった。バロー上越店の閉店に伴うもので、新潟市3店舗、長岡市1店舗は営業を続ける。

上越店はバロー上越店と同じ2008年4月17日にオープン。店舗面積は180坪(約590平方m)と中規模だが、書評本のコーナーを設けるなど、厳選した品ぞろえに定評があった。

バロー上越モール内の「くまざわ書店 上越店」
くまざわ書店

止まらぬ郊外型書店の閉店

上越市内では2000年以降、郊外型書店が次々と撤退している。

閉店した郊外店、大型店

  • 2001年「平安堂上越店」(木田)
  • 2007年9月「Mr.Books五智店」(国府4)
  • 2007年9月「文教堂書店上越本町店」(本町4)
  • 2009年8月「文教堂書店春日山店」(春日山町3)
  • 2016年7月「ブックマートかきむら」(春日新田5)
  • 2018年3月「ブックコスモス」(北城町3)
  • 2019年2月「戸田書店上越店」(藤野新田)

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/87633579 バローホールディングス(本店・岐阜県恵那市)は2020年2月17日までに、新潟県上越市に展開しているスーパーマーケット「バロー」3店を4月に閉店することを明らかにした。同社は中部地方を中心にスーパーやスポーツクラブなどを展開しているが、3店の閉店によりスーパー事業としては新潟県から撤退することになる。…
https://www.joetsutj.com/articles/70359892 新潟県上越市の柿村書店(本部・中央2)が同市春日新田5の国道350号沿いに出店している書店「ブックマートかきむら」が2016年7月末で閉店することになった。教科書販売を含む学校関係、外商、上教大の売店は継続するものの、1893年(明治26年)4月の創業から120年以上続いてきた「町の本屋さん」が、直江津地区から姿を消す。…