ホーム > 2015/01

新井駅のキオスク閉店 北陸新幹線開業後も高田・直江津駅では存続

7年前

JR信越本線の新井駅(新潟県妙高市)構内にある小型売店「キオスク」が2015年1月10日、閉店した。2011年7月30日には妙高高原駅のキオスクも閉店しており、上越地域では高田駅と直江津駅構内のコンビニ「NEWDAYS」だけになった。両コンビニは、3月14日の北陸新幹線開業に伴って、JRから並行在来線の「えちごトキめき鉄道」に経営が移った後も、現在のまま営業が継続される。

2015-01-15新井駅キオスクs

東日本旅客鉄道系列のJR東日本リテールネット新潟支店などによると、新井駅のキオスクは利用者の減少で採算がとれなくなっていた。従業員は一人体制で、正午前後の3時間を閉店し、日曜と祝日を休業するなどの変則業務をとっていた。

えちごトキめき鉄道では、高田、直江津両駅のNEWDAYSについて「3月14日以降も、現状通り継続する方向で協議している」と述べている。