ホーム > 2013/07

妙高パインバレーに廃タイヤ使った無料の遊び場オープン

7年前

新潟県妙高市桶海の妙高パインバレーは2013年7月21日、約450本の廃タイヤを再利用し、タイヤすべり、タイヤのぼりなどの遊びが楽しめる「こどもタイヤ広場」をオープンした。場所は多目的グラウンド横で、利用は無料。

広さは約1200平方mあり、廃タイヤを利用した施設としては県内最大規模で、上越地方初。遊びの種類はタイヤすべり、タイヤトンネル、タイヤのぼり、タイヤ飛び、タイヤ山など。

このほか、7月20日から8月25日まで、約15種の小動物とふれあえる「ファミリーふれあい動物パーク」(入場料400円)、「打ち上げ花火」などの夏イベントも開催する。

hioba2

hiroba1

◇妙高パインバレー公式サイト
http://www.myoko-pv.com/