ホーム > 2012/12

つかそばで野田首相が昼食 「天玉中か」食べる

8年前

2012年12月8日、新潟県上越市のかに池公園で街頭演説した野田佳彦首相はその後、同市東雲町1の塚田そば店(通称つかそば)に立ち寄り食事をしていた。つかそばと言えば、中華麺にそば用の和風だしのつゆをかけた上越市民のソウル・フードともいえる「かけ中か」が定番。昼食に野田首相が食べたのは、この「かけ中か」に天ぷらと卵を載せた「天玉中か」(300円)だった。

つかそば
つかぞば1

野田首相は午後0時55分から午後1時半ごろまでかに池公園で演説。そのまま、秘書や随行員、警備を引き連れてつかそばに向かった。野田首相は自ら券売機で食券を買い、「おいしい」と言いながら天玉中かを食べ、20分ほどで店を出たという。

「天玉中か」を食べる野田首相(写真はその場に居合わせた市内の男性提供)
提供写真1

つかそばの竹内誠社長(59)は「数日前に連絡をもらったときは驚いたが、多くの店がある中で衰退気味の直江津市街地にあるうちの店に現職の総理大臣が来てくれたのは本当にうれしい」と話していた。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51867787 上越市民のソウル・フードともいえる東雲町1の塚田そば店(通称つかそば)の「かけ中か」が、文化放送で平日午前に放送される人気ラジオ番組「純喫茶・谷村新司」で、2012年の1~2月に計3回も取り上げられた。この番組を通じ、和風だしに中華麺を入れて食べている地域は、新潟県上越市のほか富…
https://www.joetsutj.com/articles/52004780 野田佳彦首相が2012年12月8日、衆院選新潟6区の民主前職候補の応援に上越市を訪れ、同市下門前のかに池公園(イオン上越店北側)で演説した。↓かに池公園で演説する野田首相(クリックで全体表示) 強い風でみぞれ混じりの冷たい雨が吹き付ける悪天候の中、マイクをにぎった野田首相は、農家…