猛暑日でもひえひえ 雪室コンビニ「レルひや」

高気圧の影響で新潟県上越市高田は2012年7月28日、最高気温35.4度を記録する猛暑日となった。連日厳しい暑さが続く中、同市安塚区須川のキューピットバレイには、冬から蓄えた雪を利用した「雪室コンビニ レルひや」が夏期限定で営業しており、多くの親子連れらが訪れている。


外観も一見本物のコンビニ風

yukimuro1

雪室には約1500tの雪が蓄えられ、施設の冷房に活用されている。雪室コンビニは昨年、東日本大震災による節電をきっかけに夏期限定で初めて開設。好評だったことから今年も開いた。猛暑日でも中の気温は5度以下で、吐く息が白くなるほど。ジュースはもちろん、地元で採れたスイカやトマトなどの野菜が雪の上に並んでいる。
野菜などが並ぶほか、奥には雪の階段があり雪の中を一周できる
yukimuro3


ジュースも雪で冷やされている

yukimuro2

コンビニは7月21日にオープンし8月26日まで。営業時間は午前9時から午後3時30分。期間中は無休。また8月26日までライオンやトラなどが見られる「わくわく動物園」も開かれている。

↓キューピッドバレイのホームページ
http://www.yukidaruma-kogen.com/