浦川原区東俣で土砂崩れ 市道ふさぐ

2012年4月12日午前6時前、新潟県上越市浦川原区東俣の市道で、山側の斜面の土砂が崩れ、道路をふさいだ。けが人はなかった。う回路は積雪で通行止めとなっていたが、土砂崩れを受けて市が除雪作業を行い開通させた。


土砂が道路をふさいだ(2012年4月12日午前10時半ごろ撮影)

dosya

市や警察によると、崩れた土砂は長さ約30m、幅約30mにわたっている。土砂は市道をふさいだほか対岸の水田にも到達した。ふさがれた市道の先に、東俣集落の3世帯8人が住んでいる。

市は雪解けや前日の雨が影響したのではないかとみている。


土砂崩れ現場の地図


より大きな地図で 浦川原区東俣の土砂崩れ を表示