ホーム > 2011/12

池の平で来年3月に「スポーツ雪合戦」開催へ

6年前

新潟県妙高市の池の平で2012年3月18日、上越地域では初の国際ルールによるスポーツ雪合戦「スノーボールバトルin妙高高原」が行われる。今月から参加チームの募集が始まった。

クリックで公式サイトへ
yukigassen_w

スポーツ雪合戦は1987年にチーム対抗のニュー・スポーツとしてアレンジされ、翌1988年に北海道壮瞥町で公式の国際ルールが制定された。その後、全国に広がり、現在では2500を超えるチームがあると言われている。県内では雪合戦発祥の地を名乗る魚沼市で「小出国際雪合戦大会」が毎年開かれている。

審判がいて勝敗条件が定められており、相手チーム全員に雪玉を当てるか、相手コートにあるフラッグを取るかで勝敗が決まる。コート上に複数ある障害物(シェルター)の配置や人数の振り分け、雪玉を投げるペース配分などが勝敗のかぎを握る。

1チームは選手7人と監督1人で、監督は選手を兼ねることができる。募集は36チーム。1ブロック3チームによる予選リーグ、準決勝リーグを経て、決勝トーナメントが行われる。いずれも3セットマッチ(2セット先取)。参加チームの受け付けは来年1月31日まで。

開催場所は池の平スポーツハウス特設会場。主催は「雪で楽しく遊ぶ」をコンセプトにイベントを開催している社会人団体「ユキタノ!」。

申し込みなど、くわしくは(http://www.sbbm.jp/)へ。

【参考サイト】
◇「雪合戦」を本気で楽しむための心得
http://gigazine.net/news/20111029_yukigassen/
◇魚沼市小出国際雪合戦の公式ページ
http://seinenbu.uonumakoide.com/yuki/