ホーム > 2017/03

山麓線のナルス高田西店は3月25日にオープン 蔦屋書店は7月中旬に

5か月前

新潟県上越市大貫4の山麓線沿いで建設が進められているスーパーマーケットのナルス高田西店は2017年3月25日(土)にオープンする。同店の開店で県内のナルスの店舗数は14店となる。

建設が進むナルス高田西店
20170310-DSC_1733

アクシアルリテイリングによると、新店は敷地面積1万8629平方m、店舗面積2161平方mで、駐車場240台を備える。営業時間は午前9時から翌午前0時まで。

商品の袋詰めサービスを行うほか、カフェコーナー(無料休憩スペース)50席を設置し、店で購入した商品を飲食できる。無料のWi-Fiも備えている。また、入り口には牛乳パック、トレー、レジ袋などの回収コーナーを設置している。

3月25日にはクリーニングのニューワタナベが店内にオープンする。また、隣接して建設が進められている蔦屋書店は7月中旬に開店する予定。蔦屋書店の店内にはタリーズコーヒーが出店する。

蔦屋書店側は工事中(2017年3月10日)
20170310-DSC_1730

ナルス高田西店(上越市大貫4)

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/91992743 アクシアルリテイリング(本社新潟県長岡市、原和彦社長)が運営する上越市西城町2のスーパーマーケット「原信西城店」が2017年3月12日の営業を最後に閉店する。同市大貫の山麓線沿いへの新店舗出店に伴う店舗の再配置が理由。ここ数年、高田地区の中心市街地では、生鮮スーパーの撤退が相次いでおり、市街地から徒歩で行けるスーパーがまた1つなくなることになる。…
https://www.joetsutj.com/articles/07334649 新潟県上越市大貫4の山麓線沿いで行われている大規模商業開発で、建設中の「蔦屋書店高田西店」内に、タリーズコーヒーが出店することになった。オープンは蔦屋書店と同時で、2017年初夏の予定。新潟県内には12店あるが、上越地域は初。…
https://www.joetsutj.com/articles/62741786 新潟県上越市大貫4の山麓線沿いで大規模な商業開発が進んでいる。約3万3300平方mの敷地の南側では、スーパーマーケットのナルスとTSUTAYAなどを運営するトップカルチャーの書店が来春オープン予定で、北側にも商業施設を誘致する計画がある。開発するのは不動産業の東商物産(上越市新光町1)で、場…