ホーム > 2017/10

衆院選: 自民党前職の高鳥修一氏が総決起集会 通算4期目へ必勝誓う

2か月前

衆院選(10月10日公示、22日投票)に新潟6区から出馬する自民党前職の高鳥修一氏(57)の後援会は2017年10月8日、新潟県上越市下門前のリージョンプラザ上越コンサートホールで総決起大会を開いた。支持者ら約900人(主催者発表)が集まり、通算4期目の当選を目指して必勝を誓った。

集会は、高鳥氏が大漁旗とともにホール後ろから登場して始まった。壇上には自民党の県議団をはじめ、推薦している公明党の市議、上越市の村山秀幸市長、糸魚川市の米田徹市長、津南町の上村憲司町長、支援団体の代表らがずらりと並んだ。

大漁旗とともに入場した高鳥氏
DSC_6361

自民党県連会長の塚田一郎参議院議員は「憲法違反だと自衛隊を認めない共産党の推薦を得て無所属で立候補するのが相手候補。この6区、故郷を守るのは高鳥修一しかいない」と支援を呼び掛けた。また、論客で知られる自民党の西田昌司参議院議員(京都府選出)も駆け付け、森友、加計学園問題などについて解説した。米田糸魚川市長は昨年12月の糸魚川大火の対応について「高鳥先生を通じて安倍首相から直接電話をもらい勇気が湧いた。しっかりと支えていただいたからできた」と高鳥氏支持を訴えた。

会場のコンサートホール(写真)は満席となり、エントランスにもモニターが設置された
DSC_6394

決意表明する高鳥氏
DSC_6521

高鳥氏は、自民党対オール野党の一騎打ちとなる見通しの選挙戦を「相手候補のスタンスがよく分からず、非常に難しい選挙」とした上で、「安倍を倒すと言うが安倍を倒した後どうするのか。主義主張が違う人が集まっているが、どういう日本にするのか全くビジョンがない」と野党共闘を強く批判した。「今目の前にある危機は北朝鮮の問題で、暴走する北朝鮮に対応することができるのは自公安定政権しかない」と訴えた。消費税の使いみちの変更や地方の医師確保、医療福祉現場の処遇改善などの政策についても言及。また昨年12月の糸魚川大火についても「どんなことがあっても地元の皆さんを助けたいと首相に直訴した」と当時の対応を振り返った。

最後には「頑張ろうコール」で、参加者で士気を高めた=写真=

DSC_6554

衆院選新潟6区には高鳥氏のほか、無所属新人の梅谷守氏(43)が立候補を予定している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/41526752 衆院選(10日公示、22日投開票)の新潟6区に無所属で出馬する新人の梅谷守氏(43)の後援会は2017年10月7日、新潟県上越市下門前のリージョンプラザ上越で選対本部発足式・総決起大会を開いた。同氏は、市民連合、社民党、共産党、自由党、新社会党による野党統一候補として立候補する。…
https://www.joetsutj.com/articles/06447513 衆院選新潟6区の梅谷守氏(43)は無所属で立候補する。2017年10月5日、梅谷氏の選対本部が発表した。梅谷氏は無所属で出馬する理由について「信念を貫き、皆様の声を第一にしがらみのない政治をするため」とのコメントを出した。民進党新潟6区総支部長だった梅谷氏は10月2日、希望の党へ…
https://www.joetsutj.com/articles/64899375 衆院選新潟6区で立候補予定の梅谷守氏(43)と市民連合・上越、社民党、共産党、自由党、新社会党が2017年10月3日、上越市内で記者会見し、梅谷氏を統一候補とすることを発表した=写真=。新潟6区は自民党前職の高鳥修一氏(57)と梅谷氏の一騎打ちとなる見通しだ。…
https://www.joetsutj.com/articles/53603709 衆院選新潟6区で民進党から立候補予定だった梅谷守氏(43)は2017年10月2日、上越市内で記者会見を開き、希望の党への公認申請を見送り、無所属か、リベラル系の議員らで設立の動きがある新党から出馬する意向を表明した。これを受けて同日、共産党は公認候補予定者としていた市議の上野公悦氏(67)を出馬を取下げた。今後は野党共闘による一本化の動きが進められる予定で、新潟6区は自民党前職の高鳥修一氏(57)と野党統一候補の一騎打ちの構図になる。…
https://www.joetsutj.com/articles/91487826 衆院選新潟6区で民進党から立候補予定だった梅谷守氏(43)は民進党が希望の党に事実上合流したことを受け2017年10月1日、上越市土橋の市民プラザで党員・サポーター集会を開いた。執行部は希望の党からの出馬を提案したが、無所属での立候補を望む声が圧倒的に多く、結論は出なかった。集会…