ホーム > 2020/05

直江津駅前に立体駐車場5月29日オープン 「学びの交流館」駐車場不足解消へ

1か月前

新潟県上越市西本町1の直江津駅前に2020年3月末に完成した複合施設「うみらいず」の立体駐車場が、5月29日にオープンする。市道を挟んだ向かい側の市立直江津図書館などがある「直江津学びの交流館」の来館者も、2時間まで無料利用できる。2010年の開館以来続いていた同館の駐車場不足が解消される見込みだ。

「直江津学びの交流館」の来館者も無料利用できる「うみらいずパーキング」
うみらいず駐車場②

うみらいずは48戸の分譲マンションのほか、秋に同市柿崎区から移転する県運転免許センター上越支所とテナント1スペースがある10階建ての複合施設。立体駐車場の「うみらいずパーキング」はマンション店舗棟に隣接し、4階建てで208台収容可能。料金は30分100円。夜間(午後5〜9時)は最大500円、24時間は最大800円で、繰り返し適用あり。

直江津学びの交流館の来館者は、同館開館時間の午前8時から午後10時30分まで利用可能。同館利用者用は30台となっているが、駐車区画の指定はなく空いている場所に駐車できる。車の出庫前に駐車券を同館事務室に提出することで、2時間まで無料となる。

直江津図書館やイベントホール、会議室などがある同館は、施設前の駐車場が臨時用も含めて35台と少なく、すぐに満車になることから、来館者は線路を挟んだ駅反対側にある徒歩5分の南口駐車場を利用するなどしていた。「不便だ」として、市議会でも度々、駐車場確保の声が上がっていた。

柴山弥松館長は「長い間、駐車場がネックだった。今後の利用促進につながると思う」と話している。

直江津学びの交流館 https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/n-tosyo/

「うみらいずパーキング」の場所