ホーム > 2015/05

上越市のOさんが「パパまるハウス」を選んだ理由とは?

6年前

=記事広告・2015年5月=

若くして夢のマイホームを実現した上越市高田地区に在住のOさんご一家。現在30代半ばで、夫婦、子供3人と幸せに暮らしている。家づくりをどう考え、どのように実現させたのか、話を聞いてみた。

リビング

32歳で一念発起

結婚後は実家で親と同居していたというOさん一家。以前から「子供はどんどん大きくなるし、住宅ローンを組むなら早い方がいい。建てるなら30代だ」と考えていたというご主人。実家が古かったこともあり、32歳の時に一念発起。夢のマイホームづくりに乗り出した。

残念だったモデルハウス見学

家を建てるにあたり、まずモデルハウス見学から開始。市内の各住宅メーカーのモデルハウスを5か所ほど見て回ったが、収穫はあまりなかったという。

「どこもデザイン重視で価格も高いし、生活に支障なくローンを支払っていけることを前提に考えていた私たちにはあまり現実的でなくて。中には総額が分かりにくい、事前に金額があまりに不明確な会社もあって、ここはというメーカーには出会えなかったんです」。

a_s

決め手は“この人だから”

そんな中でたまたま出会ったのが「パパまるハウス」。Oさん一家は今まで、建てるメーカーを決めるにあたっては価格と仕様(機能)の程良いバランスを重視していたという。だがパパまるのモデルハウスを見学したことで、これまでで一番興味を深めていくことになった。

「実はローコストで作っている他の会社も調べたんです。でもパパまるさんのモデルハウスを実際に見たとき、価格以上に高機能だということがすごく分かって。あと担当の方が私たちの質問にすぐに分かりやすく答えてくれて対応が早かったし、ローンの段取りなど資金計画も的確でした。最初はまだ何も決めていなかったのですが、徐々にこの担当さんならお任せしてもいいかなと思うようになって。価格や仕様だけでなく、最終的には“この人から買いたい”ということが大きな決め手になりました」。

土地は子供の環境を重視

パパまるハウスに任せることに決めた後、さっそく土地選びに乗り出したОさん。「子供が転校の必要がないよう今の学区内であること、実家とあまり離れていないこと」などを条件に、土地探しをパパまるハウスに要望。ほどなくして、希望通りの場所が見つかった。「しかも、駅やコンビニにも近い便利で日当たり良好の土地でした」。

間取りに後悔なし

パパまるハウスの家は、同社が企画した88のパターンの中から間取りを選ぶことで低価格化させている。自由設計でないことに抵抗はなかったのだろうか。

「どれも生活しやすい間取りになっていると思ったし、ここはこうしたいという希望もパターンが豊富なことで逆に選びやすかったです。好みに合わせて変更もききましたし、希望通りにできました」と、問題がなかったことがうかがえる。「こうしたらよかったと思う部分は今のところないです。強いていうならもう少し土地は広くても良かったかなと。それくらいです」。

b_s

喜ぶ子供たち

「キッチンは今はガスなのですが、IHの方が掃除は楽かもと思うくらいで、家事動線が短いので使い勝手がいいです。2階の物干し場はお客さんの目に触れないので安心。収納は十分ですね。屋根裏収納を付けたのですが、季節ものをしまったり、子供の遊び場にもなっていますね。階段がリビングにあるので冬場は多少2階から冷気が来ますが、子供と必ず顔を合わせるので安心できます。本当に夏は涼しいし冬は暖かいですね」とОさん夫妻。小学生になる子供たちも「自分の部屋ができてうれしい。宿題も静かにできるし」とうれしさを口にする。庭に作られた砂場は、1歳半になる次女が夢中になる遊び場だ。

家づくりで大切なこと

「夢のマイホームですからいろいろ希望もあると思いますが、やっぱり資金計画が大切。我が家は万全の資金計画なので今後の生活に支障がなく安心しています。次の連休には家族全員で旅行にも行く予定ですよ。あと、たくさん住宅メーカーがありますが、最終的に“誰から買うか”が大事だと思います。分かりやすく誠実に説明してくれる担当者から買うことをおすすめします。ちなみにパパまるさんの営業さんは本当に任せて安心でしたよ」。

必要以上に背伸びをせず、しっかりと足元を見ながらマイホームを実現したОさん一家。「家を建てて子供たちとの距離がよりいっそう近くなったと感じる、本当に幸せです」と、奥様が1歳半の娘さんを抱きながら最後にうれしそうに語ったのが印象的だった。


パパまるハウスのモデルハウスは毎週土日曜に自由に見学できる(平日は要連絡)。

  • 上越市春日新田2-12-23
  • 上越市木田3-1-2
  • 上越市頸城区下吉1341-2

問い合わせは上越支店(上越市鴨島1-1594) TEL: 025-521-3880

ぱぱまるハウスのホームページ → http://www.papamaru.jp/