ホーム > 2016/10

高田の人気店「とんかつ大矢」が10月20日で閉店

10か月前

ソース味のかつ重、カツ定食などで知られる新潟県上越市大町4のとんかつ専門店「とんかつ大矢」が2016年10月20日で店を閉めることになった。

10月20日で閉店することになった「とんかつ大矢」
とんかつ大矢

創業は1971年(昭和46年)8月8日で、今年45周年を迎えた。店主の大矢三郎さんが今年5月29日に79歳で死去し、従業員だけで営業を続けてきたが、今月で区切りを付けることになったという。

上越市高田地区では「とんかつ梅林」(仲町3)と並ぶとんかつの名店として知られる。名物のかつ重は卵とじではなく、千切りキャベツの上に、特製のウスターソースにくぐらせたカツをのせたもので、カツ定食、カツライスとともに多くの市民に親しまれてきた。

名物の「かつ重」
カツ重

店主の体調不良などで2010年5月に一度閉店したことがあるが、同年11月に営業を再開していた。

過去の閉店と再開

https://www.joetsutj.com/articles/51744643 店主の体調不良などで2010年5月下旬に店を閉めた上越市大町4の老舗トンカツ店「とんかつ大矢」が2010年11月3日、営業を再開する。同店によると5月下旬時点では店主の体調などを考慮した上で閉店を決めたが、療養の経過などを踏まえ営業ができると判断した。↓営業再開の張り紙を掲示した…
とんかつ大矢