ホーム > 2018/06

上越市の新水族博物館「うみがたり」の内覧会に行ってきました 写真と動画で紹介

3か月前

新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」が2018年6月26日にグランドオープンするのに先立ち、今日19日に報道関係者などを対象とした内覧会が行われました。初公開された「うみがたり」の内部の様子を写真や動画で紹介します。

内部が初公開される上越市立水族博物館「うみがたり」(6月19日朝)
20180619-DSC_4200

午前10時前、入場開始。

エントランス
IMG_0502

エスカレーターで一気に3階へ

改札を通ります。

IMG_0509

2本のエスカレーターで一気に3階まで昇ります。

IMG_0510

3階に到着。目の前に見えるのが「日本海テラス」。

IMG_0518

「うみがたり大水槽」の水面部分が日本海とつながって見えるように設計されています。

「うみがたり大水槽」の水面部
20180619-DSC_4229

イルカスタジアム

日本海テラスの隣には、イルカショーの会場にもなるイルカスタジアムがあります。従来は夏季限定でしたが、新水族館では4頭のバンドウイルカが通年で飼育されます。

IMG_0525

イルカショー(ドルフィンパフォーマンス)が始まりました。

【動画】ドルフィンパフォーマンス

DSC_4321

20180619-DSC_4223

シロイルカ

日本ではわずか4館でしか見られなかったシロイルカが上越にやってきました。2頭いますよ。

IMG_1915 2

【シロイルカ・動画】

「シロイルカレクチャー」では、生態の説明や餌付けのほか、芸の披露もしてくれます。

【動画】シロイルカ バブルリング練習中

ゴマフアザラシは、カゴに……

IMG_0599

2階に降りていきます

個水槽を見ながら、スロープで2階へ降りていきます。

IMG_0600

IMG_0603

大水槽を側面から観察できます。

20180619-DSC_4230

まだ幼いアカシュモクザメ
20180619-DSC_4239

IMG_0608

50種類3万8000匹の魚などが泳ぐうみがたり大水槽

IMG_0557

大水槽の水中トンネル「うみがたりチューブ」。

DSC_4186

IMG_0562 2

チューブの両側には、プロジェクションマッピングなどの展示も。

IMG_0558

IMG_0561

2階のイルカホール。イルカスタジアムの水中の様子を観察できます。

IMG_1968

IMG_0535

シロイルカも同じように側面から見ることができます。

20180619-DSC_4217

チンアナゴさん
IMG_0538

こっちはアナゴ
IMG_0607

IMG_0551

IMG_0614

アオリイカとケンサキイカ
IMG_0556

エビ
IMG_0552

マゼランペンギンミュージアム

飼育数世界一という120羽のマゼランペンギンは屋外で暮らしています。

IMG_1970

柵がないので人間の足元を平然と通っていきます。

IMG_0617

【動画】マゼランペンギンミュージアム

IMG_0529

IMG_0546

ミュージアムショップ「Regalo」。ペンギンのぬいぐるみなどが充実しています。

ペンギンのぬいぐるみなどを売っているミュージアムショップ

IMG_0619

1階レストラン「Restorante Los Cuentos del Mar」。アルゼンチン料理が食べられるそうです。

IMG_0624

IMG_0628

新水族博物館「うみがたり」は2018年6月26日正午にグランドオープンします。ただし、21〜24日に上越市民対象の先行公開も行われます。詳しくは関連記事を参照。

◇うみがたりのウェブサイト http://www.umigatari.jp/

関連記事