ホーム > 2018/07

イルカやペンギン型のかまぼこ「おさかな揚げ」が話題 うみがたり周辺で販売中

12か月前

新潟県の上越市立水族館「うみがたり」周辺でイルカやペンギンを型どったかわいらしいかまぼこが販売されており、特に子供連れや若いカップルらの人気を集めている。

イルカやペンギンなど4種を販売している「おさかな揚げ」
おさかなあげ

かまぼこは同市春日新田5の「魚住かまぼこ」がキッチカーで販売する「おさかな揚げ」。チーズ入りの串揚げかまぼこで、イルカ、ペンギン、タコ、カレイの4種類が売られている。

「おさかな揚げ」はキッチンカーでの限定商品で、これまではイベント時などで販売してきた。このほど「うみがたり」オープンにあわせ、連日施設周辺で販売を開始。同店によると子供からの人気が高く、一番の売れ筋はイルカとペンギンだとか。

子供たちから人気が高いのはイルカやペンギン
おさかなあげ1

出店場所は2か所。第3駐車場方面の路上では連日出店、直江津屋台会館前は金・土・日曜の限定出店。天候などにより休店の場合あり。販売スタッフは「揚げたてを提供します。アツアツでふっくらしていておいしいですよ」と話している。1本各350円。問い合わせは魚住かまぼこ店025‐543‐2438。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52598442 新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」が2018年6月26日にオープンしたことに合わせ、市内の企業や店舗では新水族館にちなんだ食品などを続々と商品化。うみがたりの開業を盛り上げている。シロイルカやペンギンなどをモチーフにしたパンやかまぼこ、地元のしょうゆを使ったせんべいなどが…