ホーム > 2015/12

「不快に思う事案あれば指摘して」新潟日報が社長名でおわびの手紙

4年前

ツイッターの匿名アカウントで新潟日報上越支社の報道部長が複数のユーザーに暴言を浴びせていた問題で、同社は社長名の「お詫びとお願い」と題した手紙を2015年12月1日付けで、有料会員制の懇話会「新潟日報政経懇話会」などの会員に送った。

手紙1

同社はこの件について11月27日の朝刊で、桑山稔・取締役経営管理本部長のおわびコメントを掲載しているが、読者に向けた社長名での謝罪はない。

会員に向けた手紙は小田敏三社長名で、今回の報道部長の行為について「新聞人としてあってはならない行為であり、関係の皆様に大変なご心配をおかけすることになり、深くおわび申し上げます」と謝罪。「この不祥事に関連してご懸念や不快に思われる事案などがありましたらご指摘いただければ幸いです」などとしている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/85734166 「クソ馬鹿ハゲ野郎」「こいつを自殺させるのが、当面の希望」──。新潟日報上越支社の坂本秀樹報道部長がツイッターの匿名アカウントを使ってさまざまな人にこうした罵詈雑言を浴びせかけていたことが、新潟市の高島章弁護士とのやりとりで明らかになった。新潟日報は2015年11月24日、上越…
https://www.joetsutj.com/articles/39081710 新潟日報社はツイッターで新潟市の高島章弁護士に暴言を浴びせた坂本秀樹上越支社報道部長(53)について、2015年11月25日付で同支社報道部長の職を解き、本社の経営管理本部付にした。同社では、高島弁護士以外に対する過去の書き込みについても調べており、近く社としての対応を決め公表するとしている。…
https://www.joetsutj.com/articles/56819331 新潟日報社は2015年11月27日、ツイッターの匿名アカウントで新潟市の高島章弁護士らに暴言を浴びせた同社上越支社の前報道部長、坂本秀樹氏(53)=25日付で経営管理本部付=について、無期限の懲戒休職処分にしたとする記事を、朝刊に掲載した。…