ホーム > 2017/05

上越市にも黄砂飛来か 直江津海岸では視界不良も

5か月前

日本の全国各地に2017年5月7日、黄砂が飛来した。新潟県上越市では午前11時過ぎ、船見公園の海岸付近で1分間ほど周囲が暗くなり視界が悪くなる現象が見られたほか、屋外に停めた自動車のフロントガラスに黄色い砂のようなものが付着し、中国から黄砂が飛来したとみられる。

視界不良となる船見公園付近の海岸(5月7日午前11時23分頃)
201705071123黄砂

自動車のフロントガラスには黄色い砂が付着していた
20170507-DSC_0295

気象庁によると5月6日、低気圧の影響で西寄りの風が強まり、中国地方や九州地方で黄砂が確認された。5月7日午後3時までには新潟市や長野市、富山市など全国45か所の気象観測所で黄砂が確認され、観測所のない上越市にも飛来した可能性が高い。

山にも、もやのようなものが掛かっていた(5月7日午後2時30分頃)
20170507-DSC_0296

黄砂は中国大陸北西部のタクラマカン砂漠などの砂が風で舞い上がり、偏西風に乗って日本までやってきたもの。3~5月に多く観測されやすい。