ホーム > 2017/05

水槽の中に入っちゃおう! 上越市立水族博物館が “お別れ” に向け特別企画

3週間前

現施設での営業を2017年5月14日で終了する新潟県上越市西本町4の市立水族博物館は5月9日、水槽の中に入って写真を撮ることができる特別イベント「水槽の中、入っちゃおう!」を開始した。初日から大勢の子供たちが訪れ、水槽の中に入って魚の気分を味わった。特別イベントは5月14日まで。

水槽の中に入ることができる
20170509-DSC_0018

新水族博物館の建設に伴い、現施設を取り壊すことからイベントを企画。5月8日にクエの水槽の水を抜き、アクリルガラスに穴を開けて出入り口を設けた。水槽の底は170×200cmほどの大きさで、天井は吹き抜けとなっている。擬岩も置かれているため、海の中にいるかのような気分を味わうことができる。

イベント初日となった5月9日には、市立直江津小学校の3年生児童が直江津の町を探索する社会科の授業の一環で、同館を訪れた。児童はさっそく水槽の中に入ってイベントを楽しんでいた。

男子児童(8)は「いつも外から見ている水槽の中に入ってみて、魚の気持ちになることができた。5月14日までに、家族でもう一度遊びに来たい」と話していた。

水槽のアクリルガラスに穴を開け、中に入れるようにした
20170509-DSC_0002

現施設での最終営業日となる5月14日には、休館式典を行う。午後2時開始で、先月から募集してきた寄せ書きを披露する予定。

問い合わせは同館025-543-2449

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/88024086 新潟県上越市西本町4の市立水族博物館は、現施設での営業を5月14日で終了する。37年間愛されてきた現在の建物は、新施設の建設に伴い、取り壊されることが決まっている。同館スタッフは「約37年間、皆様に愛されてきたことを実感している。様々な企画を予定しているので、ぜひ思い出作りにご来館ください」と話している。…
https://www.joetsutj.com/articles/34654833 新潟県上越市の新水族博物館の建設工事が進み、現施設の西側に新施設が姿を現し始めている。現施設は5月14日をもって営業を終え、来春に新施設がオープンする。新水族博物館は、通年飼育するイルカプールやマゼランペンギンの生息地を再現したペンギンランドなどが目玉となる3階建ての施設で、昨年…
上越市立水族博物館