ホーム > 2018/09

「ジムニー」が20年ぶりのフルモデルチェンジ! 上越の冬に最高の4WD車は佐野オートのカーリースで

2か月前

=記事広告=

1970年代に軽自動車で初めての4WD車として発売されて以来、多くのドライバーを虜にした「スズキ・ジムニー」。そのジムニーが約20年ぶりのフルモデルチェンジをし、大きな改良を遂げた。発売を受けて、新潟県上越市下吉野の佐野オートでは、同店オリジナルカーリース「乗るだけパック」のラインナップに、その新型ジムニーも追加。話題の新車を手軽に楽しめるようにした。

20年ぶり新型ジムニーの改良点はこの3か所!

新型スズキ・ジムニー
xc_DG5

新型ジムニーに試乗した佐野オートによると、大きな改良点は3か所。

  1. エンジンがとても静かで滑らかに加速し、女性も乗りやすい車に。
  2. 足回りのフニャフニャ感がなくなりコーナーもキビキビとした走り。“持病”とされてきたステアリングの異常振動も解消。
  3. フレームなどにサビが出にくい加工も新たにされ、雪国でも安心して楽しめる。

これらの改良により、大きく進化したジムニーになっているという。

そのジムニーが「乗るだけパック」で乗ることが可能に!

車検も税金もコミコミ、毎月わずかな一定額で4WDの新車に乗れるとして大きな反響を呼んだ、佐野オートオリジナルのカーリース「乗るだけパック」。そのパックに、新型ジムニーが加わった。

「乗るだけパック」は車検時の支払いが0円!?

sano-auto1980_image

他店にはない独自の設定になっている佐野オートのカーリース「乗るだけパック」。大きなポイントは、車検基本整備料や税金、保険料だけでなく、ブレーキ液など車検ごとの交換が推奨されている整備もリース代に入れていること。そのため、車検に通らないほど部品が消耗しているケースを除き、基本的に車検にかかる追加代金はゼロ!。家計の見通しがつきやすく、「整備にお金がかかってうんざり」といったこともなくなる。

新車に月々1万800円〜で

月々1万800円からで新車に乗れる
ドライブする女の子

リースは1〜7年で設定でき、期間満了後は再リースで乗り続ける、残価で買い取る、別の新車に乗り換える、返却するから選択。月々の走行距離など細かく設定することでリース金額を抑えられ、軽自動車なら頭金なし、年2回のボーナス払いとすると、月々1万800円からで新車に乗れる(※ボーナス払いなしプランもあり)。自分好みに車をカスタムするのも自由だ。

メンテナンスもおまかせ

リース車には5年間の保証が付くほか、タイヤやバッテリーなど消耗していくものは、希望があれば月々プラス3000円のメンテナンスサービスでフォロー。夏・冬タイヤ交換各4本、車検整備2回、エンジンオイル交換13回、バッテリー交換1回、ワイパーゴム交換6回をはじめとした充実の内容だ。

話題のジムニーは月々1万2000円〜

雪道などの悪路にも強さを誇るジムニー(公式サイトより)
styling4

ジムニーの「乗るだけパック」は、月々1万2000円から。もちろんメンテナンスサービスのフォローもある。「話題の新型ジムニーをぜひ楽しんで」と同社では話している。

営業時間は午前9時〜午後6時。定休日は月曜、祝日、第1・3日曜。

電話025-520-2030、メールでの問い合わせはこちら


佐野オート

【上越タウンジャーナル編集部から】
当初、この記事広告の内容の一部に、読者の皆様に誤解を与える恐れのある不適切な表現が複数ありましたので、記事広告の内容を修正しました。今後も、記事はもちろんですが、広告についても、正確で適切な内容を掲載するよう務めます。上越タウンジャーナル