ホーム > 2018/01

「いきなり!ステーキ」直江津店 国道8号沿いに1月30日オープン

4年前

好みの量の肉をオーダーカットして低価格で提供するステーキ専門店「いきなり!ステーキ」直江津店が2018年1月30日午前11時、新潟県上越市下門前の国道8号沿いにオープンする。新潟県内では新潟市のイオンモール新潟西店、長岡市のリバーサイド千秋店に次いで3店目。

シックな内装の「いきなり!ステーキ」直江津店
店内2

県内初の郊外ロードサイド型店舗

外食産業のペッパーフードサービスが展開する直営店で、2013年12月に東京都の銀座4丁目に1号店をオープンして以来、急速に店舗数を増やしている。上越市の直江津店は194店目。県内では新潟市、長岡市の店舗はショッピングモール内だが、直江津店は昨年から急速に増加している郊外ロードサイド型店舗。

当初は立ち食いスタイルで知られたが、首都圏以外は着席スタイルが主流。直江津店はカウンターを含めて59席で、立席はない。落ち着いた雰囲気のブラウン系の内装に統一している。

炭火で焼き上げるステーキ
ステーキ焼き3

目の前で肉をオーダーカット

ディナータイムのオーダーカットの場合、リブロースステーキが1グラム当たり6.9円(税別、以下同じ)、CABアンガスサーロインは同8.2円、国産サーロイン同10円などがある。注文を受けたスタッフは客の目の前で塊から肉を切り分け、注文のグラム数ぴったりを目指す。量は多少前後するが、納得できない場合などは切り直してもらえる。肉汁を閉じ込めおいしく食べられるよう、肉によって注文の最低グラム数が決められている。

焼きたてのリブロースステーキ(400グラム)
ステーキ1

ライス、サラダ、スープも付いてお得な平日ランチ

平日のランチタイムは定量カットで、CABワイルドステーキ(200グラム1,130円など)と、ワイルドハンバーグ(300グラム1,100円)は、ライス、サラダ、スープが付く。定量のカットステーキもあるが、ライスなどは別売りとなる。

扇谷政史店長は「ステーキは国産のサーロインを一度食べてほしい。ランチなら牛肉100%のワイルドハンバーグは300グラムもあり、ライスなども付いてお得」と話している。

営業時間は午前11時から午後11時。ラストオーダーは午後10時45分。電話025-520-7929

「いきなり!ステーキ」直江津店
いきなりステーキ外観

「いきなり!ステーキ」直江津店

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/74560065 ステーキを量り売り方式により低価格で提供するステーキ専門チェーン「いきなり!ステーキ」上越店(仮称)が2018年1月30日、新潟県上越市下門前の国道8号沿いにオープンする見込みとなった。新潟県内は3店舗目となる。場所は、移転したとりごこち上越店跡。…