ホーム > 2021/04

中川幹太氏が事務所開き 10月の上越市長選に向け

5か月前

10月31日に行われる上越市長選挙への出馬を表明している元同市市議会議員の中川幹太氏(45)が2021年4月18日、上越市西本町1に後援会事務所を開設した。開所式には県議や市議、町内会長ら約30人が出席した。

開所式で三本締めをする参加者
20210418-DSC_1538

後援会長を務める秋山三枝子県議は「(前回の市長選から)志を曲げることなく、市政を担う覚悟を持ってここまで活動してきた。皆さまの力添えが何よりも中川市政誕生の力となる」と話し、協力を呼び掛けた。

立憲民主党新潟6区の総支部長の梅谷守氏は「私も今新潟6区内を回る中で、人口減少や高齢化において上越市が明るい見通しを示していないことへの不安や不満の声を聞く。中川さんも色々な声を受けたと思うが、それをしっかり練って、より具体的な政策を提示し、存在感のある市政に導くことを期待する」とあいさつした。

決意表明する中川氏
20210418-DSC_1525-2

中川氏は決意表明の中で新型コロナウイルス禍や今冬の豪雪に触れ、「“万が一”が起こることを前提に、素早く分かりやすく対策を打つことが大事。コロナ対策で全国の若い知事や市町村長は対応が素早く分かりやすかった。迅速な対応は若さが一番売りになる」と語った。また、政策のしがらみにつながるとして、業界団体からの支援を受けないとしている。「個人の方からの寄付は業界団体より少ないが、これを守らないと皆さんの望む未来をつくる政治はなし得ない」と話した。

中川氏は兵庫県出身、広島大工学部建築学科卒。2001年に上越市に移住しNPO法人事務局長などを経て、2008年から2016年まで同市議を2期務めた。一騎打ちとなった前回の市長選では5万1147票を獲得したものの、1462票の僅差で破れた。

今回も前回同様に市内全世帯訪問を目標に活動している。

次期市長選では、現職の村山秀幸氏は立候補しないことを表明している。中川氏のほか、佐渡市の行政書士後藤浩昌氏(60)が立候補を表明している。また、元市長で昨年の市議選でトップ当選した宮越馨氏(79)の動きも注目されている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/45036469 上越市選挙管理委員会(渡邉隆雄委員長)は2021年4月7日、任期満了に伴う上越市長選挙の日程を10月24日告示、同31日投開票と決めた。立候補予定者説明会は10月2日に予定されている。3月1日現在の選挙人名簿登録者数は16万215人。現職の村山秀幸市長の任期は11月8日までで、次…
https://www.joetsutj.com/articles/97102555 新潟県上越市の村山秀幸市長は2021年3月23日、記者会見を開き、次期市長選に立候補せず11月の任期満了で勇退することをあらためて表明し、3期12年を区切りに勇退を決めた理由などを語った。村山市長は、行財政改革を進めつつ、基礎的行政サービスの提供と将来に必要な投資を行い、合併後の…
https://www.joetsutj.com/articles/37150409 新潟県上越市の村山秀幸市長(72)は2021年3月7日、11月の任期満了に伴う市長選に立候補しない意向を明らかにした。上越タウンジャーナルの取材に答えた。村山市長は「合併して15年のうち12年市長を務め、一定の方向性を作ることができた。新型コロナ、データ社会など時代が大きく変…
https://www.joetsutj.com/articles/40153709 新潟県佐渡市の行政書士後藤浩昌氏(60)が2021年2月15日、今秋に予定されている任期満了に伴う上越市長選への立候補を表明した。 後藤氏は、「公約は直江津と佐渡の間に自動車と鉄道が通れる橋をかけるの1点」と話した。自宅は佐渡市と東京都内にあり、コロナ禍のため市長選告示…
https://www.joetsutj.com/articles/34606118 任期満了に伴う上越市長選は2017年10月22日投開票され、現職の村山秀幸氏(69)が新人で元市議の中川幹太氏(42)を破り、8年ぶりとなった選挙戦を制して3選を果たした。得票は村山氏の5万2609票に対し、中川氏が5万1147票と迫り、その差1462票の薄氷の勝利だった。…