ホーム > 2017/09

新水族博物館の愛称は “うみがたり” 1400件超える公募から決定

3か月前

来年春オープン予定の新しい上越市立水族博物館について、新潟県上越市と水族博物館指定管理者の「横浜八景島」は2017年9月1日に記者会見を開き、愛称が “うみがたり” に決まったと発表した。

愛称を発表する村山市長(左)と横浜八景島の布留川社長
20170901-DCS_8500

上越市は今年6月から約1か月間、新しい水族博物館の愛称をはがきやインターネットで募集。北海道から沖縄県まで全国から1468件の応募があり、柏崎市の男性会社員、小林直人さん(27)が考案した“うみがたり”が採用された。

“うみがたり” という愛称は「海」や「物語」を意味するほか、水族博物館の歴史を後世に「語り」、新しい物語を「生み」出していくという思いが込められている。慶応義塾大学総合政策学部の井庭崇准教授をはじめ、上越市や上越観光コンベンション協会などの7人で構成される審査委員会が、言葉の覚えやすさや親しみやすさなどを考慮し、愛称を決定した。上越教育大学や県立看護大学の学生も審査に協力した。

記者会見に出席した上越市の村山秀幸市長は「新水族博物館に対する期待感を醸成し、全国に発信していきたい。愛称を生かし、しっかりとピーアールしていく」と語った。横浜八景島の布留川信行社長は「“うみがたり” の愛称を多くの人に使っていただき、親しんでもらいたい。上越ならではの水族館として差別化を図り、魅力あるものを作っていきたい」と話した。

布留川社長によると、今後は愛称を生かしたロゴマークやマスコットキャラクターなども制作する予定。

新しい水族博物館のイメージ(上越市提供)
New-aqua01
New-aqua02

新しい水族博物館は2018年4〜6月、旧施設西側の上越市五智2にオープン予定。生育地の環境を再現したマゼランペンギンの展示コーナーや、海の中を歩いているかのような感覚を味わえる水中トンネル、通年飼育するイルカプールなどが目玉の3階建ての施設となる。2017年9月1日現在、3階床部分の工事が完了している。

建設工事の進む新しい水族博物館(2017年9月1日撮影)
20170901-DCS_8517

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/29011687 新潟県上越市西本町4の市立水族博物館は、来春オープン予定の新水族博物館が完成するまでの間、館内の生き物を他の施設に預けるための “引っ越し” 作業を進めている。2017年6月8日までには、飼育数日本一を誇る126羽のマゼランペンギンの搬出作業が完了。約400km離れた「横浜・八景島シーパラダイス」など2施設へ運ばれた。…
https://www.joetsutj.com/articles/84962128 来春オープンの新施設建設のため、2017年5月14日で現施設での営業を終了した上越市立水族博物館の外壁には、5353枚もの魚などの陶板レリーフが飾られている。1枚1枚、市民や来館者らが手作りしたもので、名前の入ったものも多い。現施設は今後取り壊されることから、「自分で作った陶板を記念にもら…
https://www.joetsutj.com/articles/93035014 「またね」のための「さようなら」−。新潟県上越市西本町4の市立水族博物館の現施設の営業が2017年5月14日で終了し、37年間の歴史に幕を閉じた。14日午後には施設を懐かしむ市民や子供を連れた家族らが多数見守る中、マリンスタジアムで休館式典が開かれた。現施設は今後取り壊され、現在建設中の新施設は来春オープンする予定。…
https://www.joetsutj.com/articles/60599724 皆さんは上越市立水族博物館の2階にある「子供科学館ワンダーランド」を知っているだろうか。遊具や科学展示が並ぶコーナーで、上越出身の人なら、小さい頃に行ったり、自分の子を連れて行ったことが一度はあるのではないか。…
https://www.joetsutj.com/articles/27273158 新潟県上越市が計画している新水族博物館の建設工事安全祈願祭が2016年6月5日、建設予定地の旧水族博物館駐車場(同市五智2)で行われた。通年飼育するイルカプールやマゼランペンギンの生息地を再現したペンギンランドなどが目玉で、2018年のオープンを目指して工事が始まった。…
https://www.joetsutj.com/articles/52126124 新潟県上越市が2018年春のオープンを目指して整備を進めている新水族博物館の基本設計が出来上がり2015年4月25日、同市頸城区百間町のユートピアくびき希望館で報告会が開かれた。基本設計にあたった日本設計の篠崎淳さんが、施設内外のイメージ映像などを映しながら、詰め掛けた約60人の…
https://www.joetsutj.com/articles/52118729 新潟県上越市は2015年2月18日、計画中の新水族博物館の建設費が、これまでの見込額71億4200万円から、41億9000万円増え113億3100万円と約1.6倍の大幅増額となる見通しを市議会総務常任委員会で明らかにした。全国的な建設需要の高まりによる資材費や労務費の高騰や消費増…
https://www.joetsutj.com/articles/52101884 上越市は2014年9月26日、2017年度のオープンを目指して整備を進めている新水族博物館の建設地を、現在の第1駐車場とし、施設は3階建てとすることを市議会総務常任委員会で説明した。今年1月に策定した基本計画では、建設地は直江津中等教育学校のグラウンドで、建物は2階建てとされてい…
https://www.joetsutj.com/articles/52087561 新潟県上越市は2014年6月16日、計画中の新水族博物館の指定管理者に、横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」を運営する横浜八景島(布留川信行社長)を選定したと発表した。来年度から2年間、現在の水族博物館を運営し、2017年度の新水族博物館オープン後は15年間、新施設を管理運営す…
https://www.joetsutj.com/articles/52059622 新水族博物館整備に向けて検討を進めていた新潟県上越市の有識者による検討委員会は2013年11月19日、「五感で学ぶ日本海」を基本コンセプトとして打ち出し、建設場所や規模などを盛り込んだ検討結果報告書を村山秀幸市長に提出した。新水族博物館の建設を2期目の公約に掲げた村山市長は「内容…
https://www.joetsutj.com/articles/52056578 新水族博物館整備に向けて検討を進めている、新潟県上越市の有識者による検討委員会は2013年10月25日、同市西本町4の市立水族博物館で6回目の会合を開き、建設場所を同博物館駐車場の西側にある県立直江津中等教育学校の野球グラウンドが望ましいと示した。検討委は次回11月19日の会合で…
https://www.joetsutj.com/articles/52032073 新潟県上越市は2013年5月15日、新水族博物館整備に向けた専門家による検討委員会を設置した。委員会では新水族博物館の設置場所や展示内容などについての具体的な案を11月をめどにまとめる予定。市は市民や市議会にこの案を提示し、年度内に最終的な設置の可否について判断する。新水族博物館…
https://www.joetsutj.com/articles/52015221 新潟県上越市の新水族博物館の整備に向けた有識者による検討委員会が、集客見通しや事業収支、整備運営手法などをまとめた報告書が2013年1月25日、市議会総務常任委員会に示された。経営面からの実現可能性について検討してきたもので、報告書は「十分に経営が成り立つ」と結論付けている。市は…