ホーム > 2020/02

五輪に向け金色に輝く「金メダルステーキ」 2月2日から「ロケット食堂」で提供

3週間前

東京オリンピック、パラリンピックに向け、新潟県上越市藤巻の「ロケット食堂」(旧そばかつ慶兆)は2020年2月2日から、ステーキを金箔で包んだ「めざせ!金メダルステーキ」を販売する。ステーキは約3人前に相当する555gもある上質の赤身肉で、料金は5050円(税込み)。

金色に輝く「めざせ!金メダルステーキ」。ワサビ、岩塩、マスタードの薬味付き
金メダルステーキ

同店では牛肉を15kgの塊で仕入れてさばいており、金メダルステーキは、その中から脂身のない赤身肉を厳選する。ステーキの重量555gは「GO GO GO」になぞらえ、発売日を「2020」にそろえるなど、縁起の良い数字を並べた。

焼き上がった分厚いステーキは、高純度の食用金箔で包まれ、豪華な輝きを放つ。金は古来から不老長寿の媚薬として珍重されており、食用としての消費が伸びているという。

関口義宏社長は「上越で合宿するドイツの体操や柔道の選手に、金メダルを目指して食べてもらいたい。上質な赤身肉なので、筋トレ直後に摂取すると筋肉が付く。一般の人もジム帰りに立ち寄ってほしい。お祝いごと、誕生日などにも利用して」と話す。

五輪終了まで藤巻店のみで提供する予定。営業時間は午前11時〜午後8時30分。年中無休。

ロケット食堂