ホーム > 2017/11

被害者は長野市の76歳女性と判明 国道8号の死亡ひき逃げ事件

2週間前

2017年11月5日深夜に新潟県上越市国府3の国道8号で起きた死亡ひき逃げ事件で、亡くなった女性は、長野県長野市の無職、畠山悦子さん(76)と分かった。

上越警察署によると、畠山さんの家族から11月4日深夜、長野県内の警察署へ捜索願いが出されていた。

同署では、事故の状況などを調べている。

現場での鑑識活動(5日午前6時30分頃)
20171105-DCS_1720

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/55125130 2017年11月5日深夜に新潟県上越市国府3の国道8号で起きた死亡ひき逃げ事件で、上越警察署と県警本部交通指導課は11月6日午前3時4分、青森県のトラック運転手の男性(53)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで通常逮捕した。…
https://www.joetsutj.com/articles/12803236 上越警察署によると2017年11月5日午前1時45分、新潟県上越市国府3の国道8号上で高齢女性が血を流して倒れていると110番通報があった。女性は出血性ショックにより、搬送先の市内の病院でまもなく死亡が確認された。同署は現場にタイヤ痕が残されていることから、死亡ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っている。…