ホーム > 2017/04

常識くつがえす白い麻婆豆腐 上越市仲町3の王華飯店が 12日から新メニュー

3週間前

新潟県上越市仲町3の中華料理店「王華飯店」(小嶋善明代表)で2017年4月12日、一風変わった麻婆豆腐が期間限定メニューとして新たに登場する。その名も「白麻婆豆腐」(950円)。これまでの常識をくつがえす“見た目が白い麻婆豆腐”が話題となりそうだ。

同店は新メニュー開発に積極的に取り組んでおり、今回は同店人気の麻婆豆腐に焦点。自慢のチンタンスープとオリジナルブレンドの熟成豆板醤を使った「麻婆豆腐」(900円)が人気で、幅広い世代に愛されているが、小嶋善大店長(38)は「上越ではほかにはない、変わったメニューを出すことで話題性にもなるし、お客さんから喜んでもらえるのではないか」と、今年2月から白麻婆豆腐作りに取り組んできた。

下が白麻婆豆腐
白麻婆と赤麻婆比較

見た目を白く見せるのはとても難しかったといい、さまざまな材料を使って試行錯誤を繰り返した。完成品の材料は青トウガラシと四川青山椒、鶏挽き肉、絹ごし豆腐などを使う。白い見た目からは辛さを想像できないが、一口食べると舌にピリッと刺激が走る。「辛さはしっかりあるが、後味がとても爽やかで、さっぱりしている」と小嶋店長。「(通常の)麻婆豆腐と見た目も味わいも違う。食べ比べもおもしろいと思う」と話している。白麻婆豆腐の販売期間は未定だが、発売から2、3か月間を予定している。

営業時間は午前11時から午後2時、午後5時から同10時。定休日は木曜。駐車場あり。なお、毎月12日は「豆腐の日」で「麻婆豆腐」を通常の半額450円で提供している。白麻婆豆腐は除く。

問い合わせや予約は王華飯店025-525-9012

王華飯店の場所(上越市仲町3)