ホーム > 2017/04

2020年英語の必修化に幼児から備えを 上越市内の英語教室が新入生を募集

6か月前

=記事広告=

子どもの英語力を伸ばす秘訣教えます——2020年度からいよいよ英語が小学校の正式科目になる。5、6年生ではhe, sheや過去形といった現在中学レベルの内容も含んで週3コマ程度。また、3、4年生でも英語に親しむ授業が週2コマ程度始まる。こうした動きに先駆け、新潟県上越市昭和町1の「英語教室ナチュラル・E・ラボ」は、幼児から始める英語教育に力を注いできたという。子ども一人ひとりの英語力を確実に伸ばす秘訣を聞いてみた。

早期から4つの技能をバランス良く

「ナチュラル・E・ラボ」では、幼児期からレッスンをスタートして ”使える英語” の基礎の習得を提案している。代表の宮﨑泰子さんは「早期からの積み重ねは確実に言語能力の違いをもたらします」と話す。

ネイティブ講師による少人数制レッスン
ネイティブ講師

具体的には、まず幼児のスタート時から、生活で使われる基本の英単語600個、基本フレーズ70個の習得(英検5級レベルに相当)を目標にし、小学生で中学レベルの英語(初級英語)を先取りする。

多人数制ではなく、少人数制による集中度の高いレッスンをモットーとし、英語の上達に欠かせない「聞く・読む・話す・書く」の4技能を、子どものうちからバランスよく伸ばす指導法だ。

「子どもが英語を好きに」

レッスンは、経験豊かな日本人講師とネイティブ講師が連携して行っている。生徒一人ひとりの意欲を引き出し、弱点の克服をきめ細やかに助ける。

代表の宮﨑先生
代表の宮﨑先生

代表の宮﨑さんは2003年に渡英し、ニューカッスル大学大学院で英語教育者の養成プログラムを修了、学位を取得したスペシャリストだ。帰郷後、2007年に教室を創設して以来、「おかげで、子どもが英語を好きになった」という声が多く寄せられている。また受講生を難関国立大学などにも送り出しており、受験対策の実績も積み重ねている。

幼児から社会人まで ニーズに応える

同教室のコースは、

  • こどものための英語(幼児・小学生)
  • 中学生・高校英語
  • 大人のための英語

の3つ。いずれも個々の目標に応じて、個人レッスンもしくは数人のグループによるレッスンを選べる。

子ども向けには、アメリカで開発された小中学生のためのコミュニケーション英語能力テスト・JET(ジュニア・イングリッシュ・テスト)を早期から取り入れており、テストの実施会場にもなっているほか、中高生や社会人のための英検・TOEIC・大学受験対策も万全だ。

幼児や小学生はもちろんのこと、中高生、社会人まで、無料体験レッスンを随時実施している。同教室に電話(025-523-7188)するか、ホームページの体験レッスン申込みフォームから申し込める。

ホームページは http://naturalenglish-lab.com/

英語教室ナチュラル・E・ラボ(上越市昭和町1)