ホーム > 2018/09

60代男性が入浴中に死亡 上越市大潟区の「鵜の浜人魚館」で事故

3週間前

新潟県上越市は2018年9月28日、同市の温泉施設「鵜の浜人魚館」の露天風呂に入浴していた60代男性が死亡したと発表した。同市によると、病死とみられるという。

鵜の浜人魚館の露天風呂(同施設のホームページから)
鵜の浜人魚館

市によると、男性は同日、温泉施設の営業開始時間の午前10時頃に一人で訪れ入浴した。同11時10分頃、別の利用者が入浴しようとしたところ、露天風呂の浴槽に男性がうつ伏せになっているのを見つけ、施設職員が声をかけたが意識はなかったという。男性は市内の病院に救急搬送されたが、午後0時22分に死亡が確認された。

鵜の浜人魚館は上越市の指定管理施設で、日本海を望む露天風呂のほか、室内の大浴場、サウナなどがある。

鵜の浜人魚館