ホーム > 2016/04

上越市の会社社長が市議選候補者にアンケート 特設サイトで公開中

3年前

新潟県上越市岩木在住のタイヤ販売店社長の今井孝さん(46)が、2016年4月24日投開票の市議会議員選挙の候補者にアンケートを実施し、その結果をインターネット上で公開している。

今井さんは埼玉県出身で、2009年に上越市に移住し、2012年に新保古新田にタイヤショップ「セカンドオプション」を開業。市政に関心があり、市議会の傍聴や、市議会主催の意見交換会にも積極的に参加してきた。「何も変わらないなら自分で変えるしかない」という思いとともに、「選挙に無関心な人を少しでも減らしたい」「選ぶためのヒントがほしい」と今回のアンケートを企画した。

質問項目は、人口減少や新幹線開業後の取り組み、財政についての考えといったオーソドックスなものから、「今回落選したら何をしますか」「あえてあなたのウイークポイント・短所を、エピソードを交えて教えてください」といった候補者の人柄や本音を引き出そうとする設問もある。

アンケートは4月10日に34人の候補者全員に郵送し、これまでに13人が回答している。

結果は http://joetsu-kakumei.net/ で公表されている。

関連記事

http://www.joetsutj.com/articles/77123322 脱原発を目指す市民団体「つなげよう脱原発 上越の会」は、2016年4月24日投開票の上越市議会議員選挙の立候補予定者34人に対し、東京電力柏崎・刈羽原子力発電所の再稼働などに関する公開質問を行い、結果を発表した。22人から回答があり、回答の全文が会のホームページに公開されている。…