ホーム > 2017/12

上越市で飲酒運転による事故相次ぐ 3日間で3人の逮捕者

10か月前

上越警察署は2017年12月24日午後2時34分、新潟県上越市富岡の会社員、小山靜雄容疑者(64)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。同署管内では12月22日以降、飲酒運転による交通事故が立て続けに起きており、3日間で3人の逮捕者が出た。同署は「飲酒運転は悪質な犯罪。一歩間違えれば大きな事故になるので、飲酒後は絶対に車を運転しないでほしい」と呼び掛けている。

上越市上源入の事故現場
20171224-DCS_4596

発表によると、小山容疑者は同日午後1時55分頃、同市上源入の市道交差点で酒気を帯びて普通乗用車を運転中、対向してきた軽乗用車と衝突する事故を起こした疑い。けが人はいない。

同署によると、軽乗用車を運転していた女性が事故処理のため同署に連絡。駆け付けた署員が小山容疑者の呼気検査を実施したところ、基準値を超えるアルコールが検出された。

同署管内では12月22日、飲酒運転中に逆走して人身事故を起こし現場から逃走する事件や、国道を逆走して対向車に衝突する事故が起きた。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/93319679 上越警察署は2017年12月22日午後10時40分、自称上越市吉川区泉谷の無職、尾方博容疑者(57)を道交法違反(酒酔い運転)の疑いで現行犯逮捕した。尾方容疑者は酒に酔った状態で普通自動車を運転。国道18号上新バイパスを逆走し、対向進行してきた普通乗用車と衝突する事故上越警察署は2017年12月22日午後10時40分、自称上越市吉川区泉谷の無職、尾方博容疑者(57)を道交法違反(酒酔い運転)の疑いで現行犯逮捕した。尾方容疑者は酒に酔った状態で国道18号上新バイパスを逆走し、対向進行してきた普通乗用車と衝突する事故を起こした疑い。…
https://www.joetsutj.com/articles/52396997 上越警察署は2017年12月22日午前9時35分、新潟県上越市本町2の県道(通称本町通り)で、飲酒運転して人身事故を起こし現場から逃走したとして、同市春日新田5の会社員、金子友和容疑者(33)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱)の疑いで通常逮捕した。…