ホーム > 2020/02

チケットレスで北陸新幹線乗車可能に 「Suica」など利用で3月14日から

5か月前

「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードを使って、チケットレスで北陸新幹線に乗車できる「新幹線eチケットサービス」が2020年3月14日から始まる。

同サービスはJR東日本の「えきねっと」や西日本の「e5489(いいごよやく)」の予約サイトで、指定席や自由席を予約すると、SuicaやPASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)など全国10種類の交通系ICカードを自動改札機にかざすだけで新幹線に乗車できる。モバイルSuicaも可能。事前に利用する交通系ICカードの登録が必要となる。

上越妙高駅の改札口
DSC_7834-2

利用できる新幹線は北陸、上越、東北・北海道、山形、秋田の各新幹線の普通車(指定席、自由席)、グリーン車、グランクラス。料金は普通車指定席で通常の紙の切符より200円安い。1回に6人まで予約できる。

JR東日本は、導入記念として北陸新幹線の「はくたか」「かがやき」の全列車指定席が通常のeチケットサービス料金から3割引になる「お先にトクだ値」を設定する。利用期間は3月14日から6月30日まで(5月2〜6日除く)。2月7日から事前申し込みやカード登録を受け付けていて、14日から指定席券などの予約を受け付ける。

同社のチケットレス新幹線乗車サービスは「モバイルスイカ特急券」と「タッチでGO」があるが、「モバイル―」はモバイル専用でICカードが使えず、「タッチ―」は自由席限定の上、上越妙高駅では利用できなかった。eチケットサービスはカードもモバイルも可能で、利用範囲の制約はない。「モバイルスイカ特急券」は3月13日でサービスを終了する。

えきねっと https://www.eki-net.com/top/jrticket/ic/?src=ekinettop