ホーム > 2016/12

鳥インフルエンザ 上越市の養鶏場の防疫措置が完了 環境省が野鳥の緊急調査開始

4年前

新潟県によると2016年12月6日、鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された上越市の養鶏場で、殺処分された23万6000羽の埋却処分が終了し、鶏舎の消毒を含めた一連の防疫措置が完了した。また同日、環境省や県、自然環境研究センターなどの職員ら7人が「野鳥緊急調査チーム」を結成。養鶏場から半径10km圏内を中心とした、野鳥の飛来しやすいポイントなど10か所の野鳥生育調査を開始した。

鶏の処分が終わった上越市内の養鶏場(写真・陸上自衛隊提供)
鶏舎

県による鶏の殺処分は12月4日に完了し、以降は埋却処分や鶏舎の消毒作業などが行われていた。殺処分された鶏は、養鶏場が現場近くに所有する土地約4900平方mに埋却処分された。

調査チームは、養鶏場から半径10km圏内を「野鳥監視重点区域」とし、不可思議な神経症状を起こしている野鳥や、周辺で死んでいる野鳥がいないかを8日までの3日間、調査する。初日となった6日には、区域内の野鳥が集まりやすいポイント3か所を調べたが、いずれも異常は確認されなかったという。

上越市の養鶏場から半径10km圏内を中心に野鳥の生育調査を始めた環境省の職員ら(写真・新潟県提供)
野鳥

環境省関東地方環境事務所の鈴木真野専門官は「単独で死んでいる野鳥を怖がる必要はないが、集団で死んでいる場合などは県や市などに通報してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/33736727 新潟県によると、鶏から鳥インフルエンザウイスルが検出された上越市の養鶏場で行わていた約23万6000羽の殺処分は2016年12月4日午前4時10分、すべて終了した。養鶏場では引き続き、鶏舎の消毒や処分した鶏を養鶏場近くの土地に埋める作業が行われている。養鶏場では11月30日に死んだ鶏…
https://www.joetsutj.com/articles/44890722 新潟県上越市で高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受けて県は2016年12月1日夜、地域住民を対象にした対策説明会を開いた。柿崎、大潟、吉川の3区で開催し、市民ら合計224人が参加。市民からは地下水への影響や情報提供のあり方などについて不安の声などが上がっていた。市民ら10…
https://www.joetsutj.com/articles/36451013 新潟県が上越市内の養鶏場の鶏について遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され2016年12月1日から、この養鶏場の鶏23万羽の殺処分を始めた。また県は12月1日午後6時30分から、上越市の柿崎区、大潟区、吉川区で住民説明会を開く。この養鶏場では11月2…
https://www.joetsutj.com/articles/66688618 新潟県は2016年11月30日、上越市内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した疑いがあるニワトリが見つかったと発表した。県内では28日に関川村で発生した事例に続いて2件目。県畜産課によると、同市内で23万羽を飼育する養鶏場で29日、ニワトリ40羽が鶏舎内の一か所に固…