ホーム > 2016/01

上越市三和区で神秘的な「太陽柱」現象 お薬師様のご光背?

4年前

太陽から垂直に炎の柱が上っているように見える珍しい気象現象「太陽柱(サンピラー)」が2016年1月26日朝、新潟県上越市三和区で見られた。

三和区の男性が撮影した神秘的な「太陽柱」(2016年1月26日午前7時頃)
太陽柱S

同区の男性が午前7時頃、自宅東側にある薬師山(210m)の頂上付近に現れた様子を撮影した。「ちょうど、山頂にある薬師堂(祠)のある辺りに太陽柱が見られた。立ち上がる光の柱は神々しく、お薬師様のご光背のようだった」と話す。

新潟地方気象台によると、太陽柱は、県内では年に1、2回あるかどうかの珍しい現象で、風が弱く層状の濃密な雲がある状態で起きやすいという。この現象は、氷晶が雲の中で浮かんでいる状況の下、向きや大きさが同じにそろい、光を反射することによって起きるという。