ホーム > 2016/07

JR東に「かがやき」上越妙高駅停車を再度要望 宮越馨元上越市長

4年前

元上越市長の宮越馨さんがこのほど、JR東日本の冨田哲郎社長あてに北陸新幹線かがやきの上越妙高駅停車などを要望した。

宮越さんは、北陸新幹線開業前年の2014年秋にかがやき停車と、東京─長野間を結ぶ「あさま」の一部を上越妙高始発・終着とすることを要望していた。今回はかつて金沢から直江津経由で東京へと運行されていた特急「白山」の代替として、かがやきの停車を求めた。

宮越さんは、1993年から2001年まで上越市長を務め、長野以北の延伸を求める協議会の会長として、新幹線建設の運動をけん引した。当時、地元自治体がJRから経営分離される並行在来線を運営するという決断をした際、それまで特急として運行されていた優先列車は新幹線で確保されるということが前提となっていた。

こうしたことから、宮越さんは7月22日にJR東日本本社を訪ねて上越妙高始発のあさまや、白山の代替となるかがやきの停車を求める冨田社長宛ての文書を提出した。また北陸新幹線実現に向けた詳細な記録を記した宮越さんの回顧録「未完」も贈呈した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/88797839 昨秋の叙勲で旭日双光章を受章した元上越市長の宮越馨氏(74)が2016年4月、回顧録「未完~地方からの国づくり」を出版した。このほど市内で開かれた「受章を祝う会」や「感謝の集い」に出席した約550人に配られたが、残部を上越市の春陽館書店、柿村書店、妙高市の文教堂書店などで販売している。頒布価格は1冊1000円。…
https://www.joetsutj.com/articles/52104867 来年3月14日に開業する北陸新幹線の運行計画について、元上越市長の宮越馨さん(72)が2014年10月22日、JR東日本の本社を訪問し、冨田哲郎社長あての要望書を提出した。宮越さんは運行計画が発表された直後の9月1日に速達型の停車を求める要望書を提出しているが、今回は東京─長野間…
https://www.joetsutj.com/articles/52100824 北陸新幹線の運行計画について新潟県上越地域の3市長と県幹部らが2014年9月18日、JR西日本と東日本を訪れ、速達型列車「ががやき」の県内駅への停車や訪問先での滞在時間を最大限確保できるダイヤ設定などを利便性の向上を求める要望書を提出した。村山秀幸上越市長と米田徹糸魚川市長、入村…
https://www.joetsutj.com/articles/52099095 新潟県の上越市議会は2014年9月3日、北陸新幹線の速達型列車「かがやき」が新潟県内の上越妙高駅、糸魚川駅のいずれにも停車しないというJRの運行計画について抗議し、上越妙高駅への停車を求める決議を全会一致で可決した。この日は市議会9月定例会本会議初日で、開会前の会派の代表者会議で…
https://www.joetsutj.com/articles/52098876 北陸新幹線の速達型列車「かがやき」が新潟県内を通過するというJRの運行計画について、元上越市長の宮越馨さん(72)が2014年9月1日、JR東日本の冨田哲郎社長あてに速達型の停車を求める要望書を提出した。宮越さんは「新幹線を引っ張ってきた張本人として黙ってはいられなかった。義憤を…