ホーム > 2019/06

忍者の合言葉? 妙高山に「山」と「川」の雪形が出現

6か月前

忍者が使っていたとされる「山と言えば川」という合言葉があるが、日本百名山として知られている妙高市の妙高山(標高2454m)に、筆で書いたような力強い「山」と「川」の字が雪形として現れた。

「山」の雪形は、江戸時代後期に浄土真宗の僧、了貞が著した「二十四輩巡拝図会」の第5巻(1803年刊)に紹介されており、古くから伝承されている。妙高市関山周辺から5月中旬〜6月上旬にかけて望める。詳しくは、関連記事参照。

「二十四輩巡拝図会」で紹介されている妙高山の山頂に現れる雪形「山」
図会・妙高山の字

「川」の雪形は文献などには出てこないが、妙高市坂口新田付近から「山」の雪形の下に「川」の字が見える。はっきり見えるのは、6月上旬以降。地元の人は「妙高には山もあるし、川もある」と伝えている。

妙高山に現れる「山」と「川」の雪形。いずれも残雪の白い字で現れる(妙高市坂口新田から)
山と川

雪形の出現場所
山と川2_赤

雪形は種まきや田植えなど、農耕の目安として伝承されているものが多いが、「山」も「川」も出現時期が遅いためか、農耕との関係はない。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/11183955 新潟県妙高市関山付近から、妙高山(2454m)の山頂(中ノ峰)に、筆で書いたような力強い「山」の字の雪形が見える季節になった。江戸時代には関山に関所があったことから多くの出版物に描かれ、旅人などに知られていた雪形で、「跳ね馬」よりも有名だった。…
https://www.joetsutj.com/articles/52126024 新潟県妙高市にそびえる妙高山の外輪山、神奈山(1909m)に出現する雪形「跳ね馬」の頭部に角(つの)が現れてきた。農耕の目安とされた妙高の雪形「跳ね馬」は、現代では春の風物詩として橋や施設、菓子の名称や、えちごトキめき鉄道の路線名など、広く親しまれている。雪消えの4月中旬、神奈山…