ホーム > 2018/10

新潟6区選出の高鳥修一氏が農林水産副大臣に就任 第4次安倍改造内閣

2か月前

第4次安倍改造内閣で2018年10月4日、新潟6区選出の衆議院議員高鳥修一氏(58)が農林水産副大臣に就任した。

高鳥修一氏
DSC_5656

高鳥氏は当選4回。厚生労働大臣政務官、党厚生労働部会長を務め、2015年10月の第3次安倍改造内閣で内閣府副大臣に就任。現在は衆院厚生労働委員長。

高鳥氏は「新潟県は農業県であるが、人口減少とコメ離れが進み消費減少が続いて、農業を取り巻く環境は、非常に厳しいものがある。生産者の皆さんに寄り添いながら、新たな需要拡大や生産性向上、中山間地対策などに取り組みたい。合わせて林業や水産業の課題にも真摯に向き合って参りたい」とのコメントを発表した。

新潟県上越地域関係の農林水産副大臣就任は、2010年9月の菅第1次改造内閣と2011年11月の菅第2次改造内閣の筒井信隆氏以来。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/61067737 第48回衆院総選挙は2017年10月22日、投開票された。新潟6区小選挙区では午後11時前、自民前職の高鳥修一氏(57)が、当選が確実になったとして勝利宣言を行った。高鳥氏は無所属で新人の梅谷守氏(43)との一騎打ちを制して、通算4度目の当選を決めた。自公政権の実績のなどを訴え…
https://www.joetsutj.com/articles/57156401 第3次安倍改造内閣で2015年10月9日、新潟6区選出の衆議院議員高鳥修一氏(55)が内閣府副大臣に就任した。高鳥修一氏 高鳥氏は副大臣として、一億総活躍社会や国土強靭化、拉致問題などを担当する。高鳥氏は当選3回で、これまで厚生労働大臣政務官、党厚生労働部会長を務めてきた。上越関…