ホーム > 2018/04

開幕前だけどもう見頃⁉ 高田公園の桜

1年前

例年より早く3月中に開花した上越市の高田公園の桜は4月2日時点で、場所によっては早くも見頃を迎えている。2日も天候に恵まれ気温が上がり、開花が進んだ。高田城百万人観桜会は6日に開幕するが、2日夜からはぼんぼりを前倒しで点灯。露店などは4日から一部が営業を始める予定だという。

陸上競技場東側のさくらロード(2018年4月2日午後撮影)
DSC_1944-2

3月30日に開花し、4月1、2日と2日連続で最高気温が20度を超え、開花が一気に進んだ。2日の日中は、露店などまだ準備中だったものの、多くの人が芝生広場にシートを広げて花見を楽しんでいた。

高田公園の芝生広場(同)
DSC_1928

露店は準備中
DSC_1949

観桜会を主催する上越観光コンベンション協会によると、2日時点で高田公園の桜は3分咲きとしているが、場所によっては5〜7分咲きの桜もある。

日没後はぼんぼりが点灯され、高田城三重櫓がライトアップされ、夜桜を楽しむ人が繰り出した。ただ、さくらロードのライトアップは開幕日の6日からとなる。

ぼんぼりが点灯された高田公園内(2018年4月2日午後7時前撮影)
DSC_2000

ライトアップされた高田城三重櫓(2018年4月2日午後7時前撮影)
DSC_1984

また臨時駐車場の開設やシャトルバスの運行も当初の予定通り6日から。

▼第93回高田城百万人観桜会公式サイト
http://joetsu-kanko.net/kanoukai/

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/90230267 新潟県上越市の「第93回高田城百万人観桜会」を主催する上越観光コンベンション協会が2018年3月30日午後、高田公園の桜「ソメイヨシノ」の開花を宣言した。昨年より7日、平年より9日早い。1953年からの気象庁の観測を含めても高田の桜の開花日としては最も早い記録と並んだ。…