ホーム > 2018/04

高田の桜 開花進み七分咲きに 気温25度超え今年初の夏日

1年前

高気圧に覆われた影響で新潟県上越市は2018年4月3日、朝から気温が上昇し、高田では午後0時32分に気温25.4度を記録し、今年初の夏日となった。観桜会の開幕を6日に控えた高田公園の桜も一気に開花が進み、七分咲きとなり見頃を迎えた。

25度を超える夏日となり、半袖で花見を楽しむ人の姿も見られた(2018年4月3日午後、高田公園)
DSC_2060

高田公園の桜は、過去最も早い記録と並ぶ3月30日に開花。4月に入り3日間連続で最高気温が20度を超え、観桜会を主催する上越観光コンベンション協会によると3日には七分咲きとなった。

3日は平日にもかかわらず、午前中から花見客が公園に訪れ、午後にはオーレンプラザなど周辺の駐車場は軒並み満車になった。公園では暑さで上着を脱いで歩く人の姿が見られたほか、シートを広げて花見を楽しむ人でにぎわった。

芝生広場の桜も見頃に(2018年4月3日午後、高田公園)
DSC_2068

高田城百万人観桜会の開幕は6日だが、ぼんぼりの点灯と高田城三重櫓のライトアップは2日から前倒し実施されているほか、4日から一部の露店が営業を開始する。さくらロードのライトアップや臨時駐車場の開設、シャトルバス運行は予定通り6日から。

関連記事

http://www.joetsutj.com/articles/80772404 例年より早く3月中に開花した上越市の高田公園の桜は4月2日時点で、場所によっては早くも見頃を迎えている。2日も天候に恵まれ気温が上がり、開花が進んだ。高田城百万人観桜会は6日に開幕するが、2日夜からはぼんぼりを前倒しで点灯。露店などは4日から一部が営業を始める予定だという。…
http://www.joetsutj.com/articles/90230267 新潟県上越市の「第93回高田城百万人観桜会」を主催する上越観光コンベンション協会が2018年3月30日午後、高田公園の桜「ソメイヨシノ」の開花を宣言した。昨年より7日、平年より9日早い。1953年からの気象庁の観測を含めても高田の桜の開花日としては最も早い記録と並んだ。…