ホーム > 2019/05

【更新終了】上越市西城町の民家のクマ麻酔銃で捕獲

7か月前

2019年5月9日午後4時半頃、長野市の茶臼山動物園から獣医師が招かれ、木に登ったクマを消防のはしご車から上から麻酔銃で撃ち捕獲した=写真=。

クマ麻酔銃


上越市などによると2019年5月9日朝から、同市西城町など高田地区の市街地にクマが出没し、午前9時40分現在、西城町3の住宅の敷地内に逃げ込み、市や警察、消防、猟友会など関係機関が捕獲に向けて対応している。周辺には学校や幼稚園、保育園もあり、市や警察などでは周辺住民に注意を呼びかけている。正午前にクマは住宅敷地内にある杉の木に登っていた。

民家の杉の木に登ったクマ(9日正午前)
DSC_2882

クマが逃げ込んだ住宅の敷地前で警戒する関係機関
DSC_2934

DSC_2929

午前5時45分頃、大貫2で体長70cmほどのクマ1頭を目撃したとの通報があり、午前7時過ぎに上越警察署員が西城町3の路上で体長70cmほどのクマが歩いているの発見した。警察や市、消防などで追跡したところ、青田川沿いにある西城町3の住宅の敷地内に逃げ込んだ。

午前7時前に青田川の土手に現れたクマ(近隣住民撮影)
クマ

現場は本町商店街東側の住宅地で、近くには大手町小、大町小のほか、カトリック天使幼稚園、マリア愛児園などもある。近くの女性は「こんな街なかにクマが出るとはびっくり。怖い」と話していた。

警戒する上越署員
DSC_2925

市内では7日から、五智や上昭和町などで子グマの目撃したという情報が市などに寄せられている。

クマが逃げ込んだ住宅敷地のおおよその場所

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51844048 2019年5月7日午後4時頃、新潟県上越市五智6地内の五智配水池付近の空き地で遊んでいた小学生たちが木の上にいる体長約1mのクマらしき動物1頭を目撃。翌8日朝、目撃した小学生たちが通う市立国府小学校を通して上越市に通報があった。人的物的被害はない。五智6に設置された注意喚起看板(5月8…