ホーム > 2021/04

「直江津D51レールパーク」4月29日オープン ネット予約12日スタート

4か月前

新潟県上越市のえちごトキめき鉄道(鳥塚亮社長)は2021年4月29日、蒸気機関車(SL)D51形の乗車体験や旧国鉄製413系電車の車両展示からなる「直江津D51レールパーク」を、直江津駅に隣接する直江津運転センターにオープンする。4月29日から5月5日までは完全予約制で、4月12日からインターネットで予約を受け付ける。

乗車体験ができる蒸気機関車(SL)D51(えちごトキめき鉄道提供)
2N7A9956

レールパークは12月上旬までの主に土日祝日に開園する。営業時間は午前9時45分から午後5時まで。入場料金は中学生以上1000円、3歳以上700円、3歳未満は無料。シーズン中何回でも入場できるシーズンパスポートは中学生以上4000円、3歳以上2000円。目玉のD51乗車体験は無料だが、パーク内で配布する整理券が必要となる。

D51は石炭を使用せず圧縮空気で動くように改造されており、乗車体験は緩急車と呼ばれる客車2両に1回当たり約30人が乗車できる。乗車体験は1日4回実施し、直江津駅手前までセンター構内の線路約200mを走行する。転車台でD51が回転する様子も公開する。

D51につなげる緩急車(同)
緩急車

このほかJRから購入した旧国鉄製413系電車を国鉄時代のピンクとベージュに塗り替え、扇形庫内に展示する。乗車して自由に見学できるほか、車内には同社の鉄道グッズなどを販売する専門ショップを設ける。扇形庫内にはグッズなどの缶詰作り体験や景品付きのミニゲームなどが楽しめる「エンジョイ☆コーナー」も開設する。エンジョイコーナーは入場券1枚で1回利用でき、回数券も販売する。

国鉄時代の色に塗り替えた旧国鉄製413系電車(同)
1617369127689

入場チケットは4月29日〜5月5日は完全予約制でインターネット予約のみ。5月6日以降は、ネット予約以外に、パークで当日券も購入できる。ネット予約は4月12日午前10時から受け付け、利用日の前日までの予約が可能。

えちごトキめき鉄道の担当者は「乗車体験ができるレールパークは県内では初の試み。ぜひ、多くの方にお越しいただきたい」と話している。

「直江津D51レールパーク」のちらし
レールパークちらし

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/70783173 えちごトキめき鉄道は2021年3月1日、新たな観光列車として導入するため、JR西日本金沢支社で今月運用を終了する旧国鉄製413系電車3両を購入した。車体の塗装を国鉄時代の色に塗り替えるなどして、昨年導入した蒸気機関車「デゴイチ」とセットで昭和の鉄道を楽しんでもらう狙いだ。新たな観…
https://www.joetsutj.com/articles/07946794 宙に浮く「デゴイチ」――。新潟県上越市のえちごトキめき鉄道直江津駅に隣接する直江津運転センターに2020年11月1日、蒸気機関車(SL)D51形が和歌山県から陸送された。約100tの黒い巨体は3分割されてクレーンにつるされ、トレーラーから降ろされた。同社はD51を「鉄道の町・直江津」のシンボルに位置付け、来年度から体験乗車などができる「直江津レールパーク」を開設する考えだ。…
直江津D51レールパーク