ホーム > 2018/12

上越市高田で今冬初のまとまった降雪 冬型30日頃まで続く見通し

4週間前

強い冬型の気圧配置で新潟県上越市は今冬初のまとまった降雪にみまわれ、高田では2018年12月28日午前9時時点で8cmの積雪となっている。

雪が積もった上越市高田地区(2018年12月28日午前9時頃撮影)
DSC_1343-2

気象台によると、北日本では上空約1500mに氷点下12度以下のこの冬一番の寒気が流れ込む見込みで、強い冬型の気圧配置は30日頃にかけて続く見通し。

上越市の観測によると、同日午前9時の積雪は、牧区総合事務所が26cm、安塚区総合事務所が18cmと山沿いで多い。一方、レインボーセンター(中央1)と柿崎区総合事務所がいずれも1cm、名立区総合事務所と大潟区総合事務所が0cmと海岸沿いではほとんど積もっていない。

高田では27日夜から雪が積り始め、29日朝には高田地区などの平野部と山沿いを中心に除雪車が出動した。