ホーム > 2020/01

2並びの日に「入場券セット」と「記念入場券」 トキ鉄が2月2日と22日に発売

4週間前

えちごトキめき鉄道(本社・新潟県上越市)は、令和2年2月2日と同2年2月22日の“2並びの日”に、和暦表示の「入場券セット」を発売する。沿線11駅の硬券入場券が、往年の名列車などの写真入り台紙に収められている。また両日は「来駅記念入場券」を和暦表示で販売するほか、令和2年2月14日が「ツツイシ」と読めることから、筒石駅の「来駅記念入場券」を販売する。

台紙付き硬券入場券セット「えちごトキめき鉄道入場券セット」(1600円)
【見本】中面硬券あり

2並びの直江津駅入場券(見本)
【見本】硬券2.2.2(表面)

2並びの硬券入場券セット

入場券セットの台紙は、鉄道友の会やJRのOBの協力により、特急あさまや急行妙高など往年の名列車などの写真を掲載。1セット1600円で、各500セットを限定発売する。発売期間はいずれも発売日から3月31日まで。

発売は、妙高高原、関山、新井、上越妙高、高田、春日山、直江津、能生、糸魚川の各駅窓口。yahoo!ショッピングの公式ショップでは、2月2日発売分を1月28日午前10時から、2月22日発売分は2月17日午前10時から予約を受け付ける。

来駅記念入場券も2並びで

現在発売している二本木駅と筒石駅の「来駅記念入場券」を、令和2年2月2日と同2年2月22日の当日に和暦表示で発売する。また、令和2年2月14日が「ツツイシ」と読めることから、筒石駅の記念入場券を、11日から14日まで直江津駅、能生駅、糸魚川駅で販売する。

また、二本木駅のみで発売している二本木駅の「来駅記念入場券」を、2月2日と22日に限り、直江津駅と糸魚川駅でも数量限定で発売する。