ホーム > 2017/10

薄くて開けづらい!? 上越市指定ごみ袋に市民から苦情 「品質問題ない」が交換対応も

1か月前

新潟県上越市は2017年10月17日までに、市指定のごみ袋について、今年7月以降、市民から「薄い」「開けづらい」といった苦情が寄せられていると発表した。市によると、袋の厚さが以前よりも薄く見える製品が流通しているが、調査した結果、強度などの品質に問題はないとしている。口が開けづらいものがあるため、希望すれば交換に応じている。

「薄い」「開けづらい」と苦情が寄せられている上越市の指定ごみ袋
gomi1

市生活環境課によると、市民から24件(16日現在)の苦情が寄せられており、製造業者のバイオポリ上越(同市辰尾新田)や同課が調査した。その結果、今年3〜5月に製造された約300万枚の一部に、通常より色が薄く表面がなめらかな仕上がりになったものがあった。薄く見え、開け口が密着して開けづらい場合もあるが、厚みや強度に問題はなかったという。

指定ごみ袋は、古米などを原料としたバイオマスプラスチック製で、製造過程で原料の状態に合わせポリエチレン樹脂を調整した結果、袋の色が薄く、手触りも柔らかな仕上がりとなったという。市では「袋の表面がなめらかになったことで密着して静電気も帯びやすくなり、開けづらくなった」と説明している。

同市の指定ごみ袋は昨年、一部で破れやすい不具合が見つかり自主回収や交換を行う事態となったが、市は不具合の認識から5か月後に上越タウンジャーナルなどが報道するまで市民に公表しなかった。交換にもレシートや現物が必要としたことなどから、市民や市議会から強い批判を受けた。

交換などの問い合わせは、上越市生活環境課025-526-5111、または(株)バイオポリ上越025-527-5525。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/00205458 新潟県上越市の指定ごみ袋に破れやすい不具合があった問題で市は2017年2月7日、市議会厚生常任委員協議会で交換の実績などについて説明した。先月末までに交換した割合は流通した不具合品の約5%だった。また、賠償として袋の全戸配布などは実施せず、代わりに子育て世帯へのごみ袋支援制度を拡…
https://www.joetsutj.com/articles/20177660 新潟県上越市の指定ごみ袋に破れやすい不具合があった問題で上越市議会は2016年12月13日、厚生常任委員協議会を開き、市から経緯の報告を受けた。不具合のあった袋は約84万枚に上り、市が7月に問題を認識していたにもかわらず公表しなかったことから、議員からは「市民を欺いた」など厳しい…
https://www.joetsutj.com/articles/56953710 新潟県上越市の指定ごみ袋の一部に破れやすい不具合があった問題で、市が不具合を2016年7月から認識していたにもかかわらず、公表したのは約5か月後の12月9日だった。市はレシートなどでの交換の措置を発表したものの、何も知らずに購入した市民に責任を押し付けた形となり、フェイスブックな…