ホーム > 2018/03

タイヤが車の性能維持を左右する? 「seeds」独自の「助成金制度割引」で購入をお得に

1年前

=記事広告=

タイヤ交換シーズンを間近に控え、カーメンテナンスなどを手がける新潟県上越市上島の「スタイルコクピット seeds(シーズ)」は、2018年3月23日(金)から4月30日(月)まで「『ちゃんと買い』タイヤフェア」を開催する。同店独自のサービス「タイヤ購入助成金制度」で春からのカーライフをサポートする。

タイヤが車の性能維持を左右する?

スタイルコクピットシーズ
DSC_0064

同店によると、乗用車の乗り心地や走行音、燃費の差は、履いているタイヤによるところが大きく、新車が履いている純正タイヤは、その車が本来持つ性能を維持・向上できることを考慮した品質のものだという。

タイヤメーカーのブリヂストンでは近年、タイヤの「ちゃんと買い」キャンペーンを推進している。購入の際に、環境性能や安全面など、その車の特性に合わせた「新車装着同等レベル以上のタイヤ」を選択してもらうことで車の性能低下を防ごうという取り組みだ。

タイヤ購入はお得に

サービス対象のタイヤなどが並ぶ
DSC_0027

そこで同店が行っているのが「タイヤ購入助成金制度」で、適切なタイヤを装着して車の機能を保ち、安全運転につなげてもらおうと実施している独自のサービス。新車装着基準タイヤの「ブリヂストン・ECOPIA(エコピア)NH100シリーズ」以上のグレードのタイヤを同店で4本同時に購入すると、店頭価格から10%割引を受けられるというものだ。

例えば軽自動車向けの155/65R14のECOPIAであれば、4本税込み3万9800円のうち、3980円が割引される。作業工賃は別途となるが、新車装着と同等以上のタイヤがお得に手に入れられる。

春のサービスは5月31日まで タイヤ保管も

カーステレオ、ホイールなども多数展示する店内
DSC_0058

春の実施期間は2018年5月31日まで。予定の400台または、予算の600万円に達し次第終了となる。

なお、4月30日までの期間中に購入したタイヤは、希望の装着日まで同店で無料で保管してくれる。

「価格の安さだけを優先すると、純正タイヤよりも品質で劣り、燃費が悪くなったりスリップしやすくなったりするなど車両の性能低下を招きかねません。ちゃんと買いで安全なドライブをお楽しみください」と同店は話している。

営業時間は午前11時〜午後9時。水曜定休。

問い合わせは025-522-5285

スタイルコクピット シーズ(上越市上島471-1)