ホーム > 2016/02

上越市大潟区の死亡ひき逃げ事件で秋田県のトラック運転手を逮捕

4年前

上越警察署と新潟県警交通部交通指導課など合同捜査班は2016年2月19日午後8時28分、過失運転致死とひき逃げの疑いで、秋田県秋田市新屋表町のトラック運転手帶屋博おびやひろし容疑者(56)を秋田市内で通常逮捕した。

発表によると帶屋容疑者は2月16日午前4時49分頃、大型貨物自動車を運転し、上越市大潟区土底浜地内の国道8号線を柏崎市方面から糸魚川市方面に向けて走行中、道路を横断しようとしていた近くに住む無職山田敏則さん(63)をひいて死亡させたのにもかかわらず、そのまま現場から逃走した疑い。

合同捜査班では周辺の聞き込みや防犯カメラなどを調べた結果、帶屋容疑者が浮上。捜査員を秋田県内に派遣し、車両の確認を行い逮捕した。

同署によると、帶屋容疑者は「道にあった物に乗り上げたのは間違いないが、人をひいた認識はない」と容疑を一部否認している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/64516152 2016年2月16日午前4時56分、新潟県上越市大潟区土底浜の国道8号上で、頭から血を流し全身にけがを負った状態で死亡している男性をパトロール中の警察官が発見した。男性は同市土底浜の無職山田敏則さん(63)で、上越警察署はひき逃げとみて捜査している。…