ホーム > 2020/01

記録的暖冬で20年ぶり1月オープン 中郷区の「妙高サンシャインゴルフ倶楽部」

9か月前

新潟県上越市中郷区の「妙高サンシャインゴルフ倶楽部」は2020年1月26日、雪が消えたためゴルフ場を臨時オープンした。1月中の営業は2000年以来20年ぶり。青空の下、集まったゴルファーたちは、真っ白な妙高連峰をバックに気持ちよさそうにプレーしていた。

快晴の下、気持ちよさそうにプレーを楽しむゴルファー
サンシャイン1

例年の1月は1~3mの積雪に覆われているが、記録的な暖冬となった今年は1月22日の25cmが最高。それも25日までには消え、26日から臨時オープンすることを決めた。今後、降雪があるまでオープンを続ける。

25日にホームページFacebookなどで告知したところ、多くの問い合わせがあり、26日は朝から多くのゴルファーがプレーした。27日以降も予約が入っているという。

妙高市の会社員女性(52)は、ゴルフ仲間の男性3人とプレー。「妙高サンシャインで1月にプレーできるのはめったにないこと。雪がなくて暖かく、芝の状態もいい」と、クラブの感触を楽しんでいた。

20年ぶりの1月オープンとなった妙高サンシャイン倶楽部
サンシャイン2

臨時オープン中は、事前予約制で当日前払いの完全セルフスタイル。カートフィ込みでメンバー3500円、ビジター5000円でプレーできる。

問い合わせは、妙高サンシャインゴルフ倶楽部0255-74-2421

妙高サンシャインゴルフ倶楽部