ホーム > 2020/01

食堂ニューミサが期間限定で「酒かすかんずりみそラーメン」発売

9か月前

上越市中郷区稲荷山の「食堂ニューミサ」は2020年1月16日、冬季限定の新商品「酒かすかんずりみそラーメン」の販売を開始した。妙高市の辛味調味料「かんずり」と、鮎正宗酒造の酒かす、太田醸造のみその3つの風味を生かし、なめらかな食感に仕上げた。金箔入りで1杯1200円(税込み)。

冬季限定で販売している「酒かすかんずりみそラーメン」
酒かすかんずりみそラーメン2

看板メニューの「みそラーメン」は、大鍋でモヤシやタマネギなどを煮込んだものを使っているが、「酒かすかんずりみそラーメン」は、注文を受けてから一杯ずつ作る。スープの中には3年熟成の「かんずり」を10g入れ、ほかにトッピング用として「生かんずり」が5g付く。なめらかな舌触りから選ばれた鮎正宗酒造の酒かすは1人前に75gを使用する。

発酵食品であるかんずり、酒かす、みその風味を損なわないよう、ニンニクを控えめにし、ゴマ油はトッピング用に別添えした。味のバランスを取るため、野菜は通常の1.5倍も使用している。

2月末頃まで販売する予定だが、仕入れた酒かすがなくなれば終了する。

上田貴之社長は「ニューミサは現店舗に移転して30周年。昨年暮れ、野沢菜のかす汁のおいしさを生かそうと、スタッフが一緒に考え製品化した。今は30年前のメニューの復刻に取り組んでいる」と話す。

営業時間は午前9時〜午後9時。火曜定休。電話0255-74-2096

食堂ニューミサ

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/44743672 新潟県上越市中郷区稲荷山の「食堂ニューミサ」(上田貴之社長)は、2017年9月で開業から50周年を迎えた。看板メニューの「みそラーメン」は伝統の味として、市内外の多くのファンから親しまれている。9月23日には50年目の記念として、バンド演奏を聞きながら食事を楽しむことができる一日限りのイベントを実施する。…