ホーム > 2018/02

子供対象の無料体験レッスン ヤマハ音楽教室でスタート

2年前

=記事広告=

ヤマハ特約店「二葉楽器」(新潟県上越市本町5)のヤマハ音楽教室は、2018年2、3の両月に実施する子供を対象にした「無料体験レッスン」の参加者を受け付けている。 今回は直江津地区にある教室「ユニスタイル直江津」にお邪魔し、年中・年長児を対象とした「幼児科コース金曜午後4時コース」で子供たちがレッスンを受けている様子を見学してきた。

幼児科は2年のカリキュラムで行われており、色々な曲を聴いたり歌ったり、エレクトーンを弾くなどの内容で行われている。保護者同伴のグループレッスンで、このクラスには女子2人、男子3人の年中児計5人が受講中。講師は笑顔が素敵な竹原由美さんが担当する。

4、5歳は音を聴き取る力が大きく伸びる時期

竹原さんは「4、5歳の頃は大人のまねっこをするのも得意で、音を聴き取る力が伸びる時期なんです。全ての演奏表現の基礎となる音感を養うことができます」と話す。音を聴き取る体験からスタートし、拍子、リズム、強弱などを自然に身に付けていくという。

歌う子供たち
二葉楽器①

集中力が途切れない楽しいレッスン

幼児科のレッスンは1時間。竹原さんは聴く、歌う、弾くなどを織り交ぜ、子供たちの集中力が途切れないように楽しませながら進める。子供たちは竹原さんのピアノに合わせて和音やメロディーを歌ったり、テキストの曲を歌いながらエレクトーンで奏でる。全員の音が美しく奏でられると竹原さんは「みんな、とっても上手にできたね。すごいね」。子供たちは竹原さんの言葉に「やったぁ」と笑顔。“ご褒美”にシールが配られ、子供たちのやる気アップにもつながっている。

ピアノ伴奏する竹原さん
二葉楽器④

音感の育成に優れるエレクトーンを使用

レッスン内では音感の育成に優れているとされるエレクトーンを使う。竹原さんは「さまざまな音色からイメージも広がるし、上下の鍵盤を使いメロディと伴奏を適切な音量バランスで演奏できる。バランス感覚も身につきますよ」。

レッスン内はエレクトーンを使用
二葉楽器②

母親たちの声はメリットがいっぱい

母親たちに、レッスンを受けてからの子供たちの様子などを聞いてみると、「音楽を聞くとリズムに乗っていたり、自然に歌っている」「座っていられる時間が長くなった」「もともと人見知りだが、いろいろな友達と接することができるようになった」「練習を自主的にする習慣が身に付いた」「歌と踊りがより一層好きになった」などという声もあがる。

幼児科コースに参加する親子の皆さん
二葉楽器⑤

竹原さんは「ヤマハの子供の発達にあわせたレッスンで、創造力や表現力が養われるし、人前で表現することで、積極性も備わります。ぜひ体験レッスンに参加してみてくださいね」と話している。 無料体験レッスンについての問い合わせ、申し込みは二葉楽器0120-345-218、ホームページhttp://futaba-gakki.co.jp/