ホーム > 2019/07

上越市内でオレオレ詐欺の受け子を現行犯逮捕

3か月前

上越警察署と地域課職質指導警ら隊は2019年7月29日午後0時25分、オレオレ詐欺のいわゆる受け子として現金を受け取りに来たとして自称大阪府高槻市の自称会社役員原正和容疑者(63)を詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、男は「別の用事で来ただけだ」などと容疑を否認しているという。

jk

発表によると原容疑者は何者かと共謀して、上越市内の70代男性宅に息子を装い7月28、29日の両日に複数回電話をかけ、「会社の金に手を付けた。ばれたらくびになる」などと話した。男性に現金200万円を用意するよう求め、別の男が金を受け取りに行くと伝えた。

7月29日午前11時40分頃、原容疑者が男性宅に現れたが、男性宅を訪れていた男性の知人女性が警察に通報していたため、未遂に終わった。

同署管内では先週から特殊詐欺被害が相次いでいる。同署では、「自宅にかかってきた電話でお金の話が出てきたら、詐欺を疑い一旦電話を切って家族や警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/59576257 上越警察署によると2019年7月26日、新潟県上越市の70代女性がオレオレ詐欺で現金250万円をだまし取られた。同署が被害届を受理した。同署によると、同日午後0時過ぎ、女性宅に息子をかたる男から電話があり、「会社のお金を200万円使い込んでしまった。お金を準備してほしい」と言…
https://www.joetsutj.com/articles/24313513 上越警察署は2019年7月26日、新潟県上越市に住むいずれも70歳代の女性2人が今月25日までに架空請求詐欺の被害に遭ったと発表した。いずれも女性宅に家電量販店店員を名乗る男から電話があり、指示されたままに手渡したキャッシュカードを使ってATMから現金が引き出された。…