ホーム > 2019/07

「週刊少年ジャンプ」に読切60ページ 妙高市のいぬころすけさん雑誌デビュー!

3か月前

集英社が発行する漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」8月12日号(2019年7月29日発売)に、新潟県妙高市在住のいぬころすけさん(32)原作の『科学と魔法の格闘家たち』が60ページの特別読切で掲載された。初の雑誌デビューに、妙高市の大型書店では、大量入荷してレジ前に平積み陳列している。

「週刊少年ジャンプ」に掲載された「科学と魔法の格闘家たち」(C)いぬころすけ・村田雄介/集英社
扉

原作は、集英社が運営する漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」に、いぬころすけさんが2016年4月に投稿した『魔法と科学の格闘家達』。膨大な投稿作の中から少年ジャンプ編集部が注目し、『ワンパンマン』や『アイシールド21』で知られる村田雄介さんが作画し直した作品。掲載された作品の扉ページには、2人のタッグを「超新鋭✕超画力!」と表現している。

いぬころすけさんは、「雲の上の存在だった村田先生に描いていただき光栄。村田先生の手によって、作品がずいぶん進化した」と喜ぶ。

ジャンプルーキーに掲載された原作も公開中で、雑誌の作品と読み比べるのも楽しい。

いぬころすけさんは現在、ウェブ無料漫画サイト「コミックウォーカー」で『アルティメットジャンケン』を好評連載中。この作品にインスパイアされた漫画家のミウラタダヒロさんは、少年ジャンプの人気連載『ゆらぎ荘の幽奈さん』の中で、『アルティメット野球拳』として取り入れ、オマージュを捧げている。同じ8月12日号に掲載されている。

POP掲示とともに平積みされた「週刊少年ジャンプ」(文教堂書店新井店)
文教堂

地元、妙高市の「文教堂書店新井店」では、掲載号を大量入荷し、ポップを掲示して平積み陳列した。藤島隆志店長は「この作品で火がついて連載になるとうれしい。売り切れたら他店から集めて、しばらくの間店頭に並べる予定」と話している。

◇ジャンプルーキー「魔法と科学の格闘家達」(2016年4月17日公開)
https://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEFdM0/FlR8CfEFdM8

◇いぬころすけさんのTwitter https://twitter.com/ug87111

◇村田雄介さんのTwitter https://twitter.com/NEBU_KURO

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/61072143 新潟県妙高市在住の漫画家「いぬころすけ」さん(32)が描いた連載漫画『アルティメットジャンケン』が2019年6月1日、KADOKAWAのウェブ無料漫画サイト「コミックウォーカー」と「ニコニコ静画」に掲載された。デビュー以後、これまで読み切り作品はあったが、連載は初めて。…
https://www.joetsutj.com/articles/99476985 集英社の漫画アプリ「少年ジャンプ+」に2018年4月6日、新潟県妙高市在住の「いぬころすけ」さん作のコメディー漫画「叫べ!!マンドラゴラシャウト」が配信された。読み切り作品で漫画家としてのデビューを果たした作者は「次は連載が目標」と話している。…