ホーム > 2021/12

強い冬型 高田で積雪22cm 上越地域28日まで大雪警戒

1か月前

強い冬型の気圧配置の影響で新潟県上越市高田は2021年12月26日、今冬初のまとまった積雪となった。午前8時現在の積雪は、高田で22cm、安塚31cm、妙高市関山で81cm。県内では28日にかけて山沿いを中心に警報級の大雪となる見込み。

雪が降り積もった高田城址公園(2021年12月26日午前7時過ぎ)
雪②jpg

新潟地方気象台によると、上空には5000mに氷点下39度以下の強い寒気が流れ込み、雪をもたらしている。高田では25日の夕方までは積雪はゼロだったが、その後断続的に雪が降り続いている。26日早朝、高田地区や直江津地区などの平野部でも除雪車が出動した。

高田城址公園付近の県道(2021年12月26日午前8時過ぎ)
0469

今後も雪は降り続く見込みで、気象台では大雪への注意を呼び掛けている。27日午前6時までに予想される24時間降雪量は、上越の平地で40cm、山沿い90cm。その後28日午前6時までの24時間降雪量は上越の平地で40〜60cm、山沿い70〜90cmと予想されている。

上越大通りの大手町交差点(2021年12月26日午前8時過ぎ)
0456