ホーム > 2018/02

就学前の子ども医療費を無料化 上越市が新年度予算で9月から

4か月前

新潟県上越市は子どもの医療費助成の対象を拡充し2018年9月から、小学校就学前の子どもの医療費を通院・入院とも無料にする。

同市では、現在、高校卒業相当までの年齢の子供が医療機関を受診した場合、通院は1日530円、入院は1日1200円を自己負担している。このうち就学前の子供について通院・入院とも負担をゼロにする。対象となる0〜6歳までの子供は約1万人いる。

子ども医療費の無料化は昨年10月の市長選で村山秀幸市長が掲げた公約の一つ。新年度予算案に関連予算6億5328万円を計上している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/53874615 新潟県上越市は、子どもの医療費助成の対象を拡充する。現在は入院・通院とも中学校卒業までだが、今年(2016年)9月からは入院・通院とも高校卒業相当の年齢までに引き上げる。子どもの医療費助成は、対象となる子どもが医療機関を受診した場合、通院は1日530円で薬剤費は無料、入院は1日1…